バイナンスUSが次に検討している上場候補18種類を発表

2019年9月に米国進出を果たした仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は、以前発表していた上場候補30種に加え、次に上場に向けて検討している仮想通貨18種類を発表した。


 

発表された通貨は以下となる。

Celer Network (CELR)
Decred (DCR)
Enjin Coin (ENJ)
Fantom (FTM)
ICON (ICX)
IOST (IOST)
Komodo (KMD)
OmiseGO (OMG)
Harmony (ONE)
Ontology (ONT)
Ren (REN)
Status (SNT)
THETA (THETA)
TomoChain (TOMO)
TRON (TRX)
NEM (XEM)
Tezos (XTZ)
Hedera Hashgraph (HBAR)

8月に発表されていた上場候補と結果

バイナンスUSは米国進出を公表した後の8月に上場候補30種を発表していた。現在そのうち21通貨が上場しており、残りが9通貨となっている。


 

参考: What we’re exploring next at Binance.US

Close Menu