LINEでiD決済やVisaタッチ決済を利用する方法:Google Pay・Apple Pay連携で還元率アップ

  • 広告
  • 公開:
  • 更新:
LINEでiD決済やVisaタッチ決済を利用する方法:Google Pay・Apple Pay連携で還元率アップ

LINEアプリは、LINEプリペ(Visa)を発行して、Google PayやApple Payを連携すると、iD決済やVisaのタッチ決済が使えます。

Visa LINE Payプリペイドカードは、バーチャルカードで電子的に発行したプリペイドカードのことです。

支払い元は、LINE Pay残高に紐づけられるので、商品価格が残高以上のものは購入できません。

以下からLINEプリペ(Visa)の詳細、ポイント還元率、連携方法について紹介します。

Visa LINE Payプリペイドカードとは?

「Visa LINE Payプリペイドカード」は、LINEプリペ(Visa)と略され、プラスチックカードのような物理的なものとは違い、電子的に発行したバーチャルカードのことをさします。

Visa LINE Payプリペイドカードの特徴

Visa LINE Payプリペイドカードは、iDやVisaタッチ決済機能がついた電子プリペイドカード(バーチャルカード)で、発行手数料や年会費は無料で利用できます。

16桁のカード番号が発行され、Visa加盟店のオンライン決済でクレジットカードと同じように決済でき、iDやVisaタッチ決済が使える店舗でタッチ決済が可能です。

支払い元はLINE Pay残高に紐づけられるので、残高以上の買い物はできません(チャージ&ペイは使えません)。

LINE PayにGoogle Payを連携するとiDを使って支払いができる

Visa LINE Payプリペイドカードを還元率3%で使う方法

Visa LINE Payプリペイドカード(LINEプリペ(Visa))は、キャンペーンを利用して、ポイント還元率3%で使うことができます。

3%ポイント還元キャンペーン開催中!

2024/1/10(水)以降、下記のキャンペーンを開催中です。

キャンペーン期間中にエントリーのうえ、「Visa LINE Payプリペイドカード」でVisaのタッチ決済を行うと利用金額の3%がLINEポイントで還元されます。

対象条件 ・エントリー(各月ごとにエントリーが必要)
・Visa LINE Payプリペイドカードの「Visaのタッチ支払い」(iDは対象外)
特典 ・利用額の3%をLINEポイントで還元
期間 ・2024/1/10(水)~終了日未定

ポイント付与上限は1,000ポイント/月のため、タッチ決済で約33,333円利用すると上限に達します。

キャンペーン期間は、2024/1/10(水)~終了日は未定。ポイント進呈時期は、利用月の翌々月中旬頃です。

LINE PayにGoogle Payを登録して使う方法

Visa LINE Payプリペイドカードは、Google Payに登録する過程で発行されるので、事前に発行する必要はありません。

Google Payに登録する方法

【Visa LINE PayプリペイドカードAndroid】

下記の手順でバーチャルカードを発行してGoogle Payに登録します。

Google Payに登録する方法

  • LINEアプリ下部メニューの「ウォレット」をタップ後、アプリ上部の「Google Pay」アイコンをタップ
  • 支払い方法で「iD」をタップ
  • Googleアカウントを指定して「Google Payに登録」をタップ
  • バーチャルカード発行画面で「確認」をタップ
  • 利用規約を確認し「同意します」をタップ
  • Google Payの案内画面で「続行」をタップ
  • iDの案内画面で「続行」をタップ
  • おサイフケータイアプリのリクエストを許可
  • 「iDでお支払いができます」と表示されたら完了

また、カードの暗証番号を設定しましょう。

LINEアプリの「ウォレット」からLINE Payを立ち上げ、LINE Payメニューから「プリペイドカード」をタップし「カードの暗証番号」から4桁の暗証番号を登録します。

このVisa LINE Payプリペイドカードの画面では、LINEポイントの使用やカードの利用停止・解約なども行えます。

「Visaのタッチ決済」で支払えるようにしたい場合

この手順では「iD」が発行されますが、「登録する支払い方法の選択」で「Visaのタッチ決済」を選択することも可能です。

Visa LINE Payプリペイドにて、iDとVisaのタッチ決済が選択できる

国内や海外のVisa加盟店でもタッチ決済が使えるようになり、利便性がアップします。

Google Payで支払う方法

Google Payで支払う場合は、「iD払い」と伝え、非接触型リーダーにかざして決済音がなれば支払い完了です。

一部の端末(Google Pixelなど)では、支払い時に画面ロック解除が必要です。

「Google Pay」はお財布のようなイメージなので「Google Payで支払う」と伝えるのではなく「iDで支払う」と伝えましょう。

Google Payで支払う時の注意点

LINE Payクーポンや特典クーポンは、Google Payで支払う時は使えません(対応予定)。

また、チャージ&ペイは利用できないので、LINE Pay残高が不足しないように事前にチャージが必要です。

LINE PayにApple Payを登録して使う方法

【Visa LINE PayプリペイドカードiPhone】

Apple Payの場合もGoogle Payと同様に登録する過程でVisa LINE Payプリペイドカード(バーチャルカード)が発行されます。

Apple Payに登録する方法

下記の手順でバーチャルカードを発行するとApple Payに登録できます。

※Apple PayはiDやVisaタッチ決済の選択はありません。

Apple Payに登録する方法

  • LINEアプリ下部メニューの「ウォレット」をタップ後、アプリ上部の「Apple Pay」アイコンをタップ
  • 「はじめる」をタップ
  • バーチャルカード発行画面で「確認」をタップ
  • 利用規約を確認し「同意します」をタップ
  • Apple Payの案内画面で「続行」をタップ
  • Apple Payにカードを追加
  • 「Apple Payでお支払いができます」と表示されたら完了

完了したら、下記の方法でカードの暗証番号も設定しましょう。

LINEアプリの「ウォレット」からLINE Payを立ち上げ、LINE Payメニューから「プリペイドカード」をタップし「カードの暗証番号」から4桁の暗証番号を登録します。

このVisa LINE Payプリペイドカードの画面では、LINEポイントの使用やカードの利用停止・解約なども行えます。

Apple Payで支払う方法

Apple Payで支払う場合は、「iD(またはVisaタッチ)払い」と伝え、LINEアプリから「ウォレット」>「Apple Payのアイコン」>「Apple Payで支払う」をタップします。

サイドボタンを2回クリックして、非接触型リーダーにかざして決済音がすれば支払い完了です。

「Google Pay」と同じように「Apple Pay」はお財布のようなイメージなので、お財布の中の何(iDなど)で支払うのか伝えましょう。

Apple Payで支払う時の注意点

LINE Payクーポンや特典クーポンは、Apple Payで支払う時は使えません(対応予定)。

また、チャージ&ペイは利用できないので、LINE Pay残高が不足しないように事前にチャージが必要です。

なお、一部のスマートフォンでは、おサイフケータイやGoogle Pay、Apple Payが利用できる端末でもVisa LINE Payプリペイドカードで決済ができないことがあるようです。
設定の確認と残高が不足していないかを確認したうえで、それでも利用できない場合は、非対応端末の可能性があります。

LINEのカードはいろいろあってまぎらわしい!

LINEのカードにはいろいろな種類があってまぎらわしいのですが、特に下記のカードはまぎらわしいので注意が必要です。

名称 概要
Visa LINE Payクレジットカード Visaのクレジットカードで通常利用でLINEポイントが還元されるカード。
「LINEクレカ」ともいわれます。
Visa LINE Payクレジットカード(P+) VisaのクレジットカードでLINE Payのチャージ&ペイでポイントがたまるクレジットカード。
「LINEクレカ(P+)」ともいわれます。
LINE Payカード JCBのクレジットカード。
「Visa LINE Payクレジットカード」以前はこのクレカが使われていました。
※新規発行は終了しています。
Visa LINE Payプリペイドカード 電子版プリペイドカードで、「LINEプリぺ(Visa)」ともいわれます。
Visaのオンライン加盟店などで使えます。
LINEプリペイドカード コンビニなどで購入できるプリペイド式カード。
LINE STOREでチャージをすると「LINEクレジット」になります。
※スタンプやLINEマンガなどに使えます。
バーチャルカード
(デジタルカード)
バーチャルカードは、プラスチックカードのような物理的なものとは違い、電子的に発行した仮想カードのことです。デジタルカードとも呼ばれたりします。
主に電子発行したクレジットカードのことを指しますが、バーチャルプリペイドカードもバーチャルカードの一種です。

【まとめ】Google PayとApple PayをLINE Payに連携して決済すればお得

LINE Pay残高払いはポイント還元なし、チャージ&ペイはVisa LINE Payクレジットカードの設定が必要ですが、Visa LINE Payプリペイドカードを発行して使えば、クレカ不要でポイント還元率をアップできます。

Visa LINE PayプリペイドカードをApple Pay・Google Payに設定してVisaのタッチ決済加盟店でかざして支払うと3%のポイント還元になり、LINE Payの通常利用よりお得です。