スターバックスカードとPayPay、スターバックスで使うならどっちがお得?

  • 広告
  • 公開:
  • 更新:
スターバックスカードとPayPay、スターバックスで使うならどっちがお得?

スターバックス(スタバ)では、スターバックスカードとペイペイ(PayPay)のどちらがお得でしょうか?

この記事では、両者を比較した結果とお得になる方法を解説します。

「スターバックスカード」の方がお得

結論からいうとスターバックスでは「スターバックスカード」を使った方がお得です。

理由は「クレジットカードからのチャージ」でクレジットカードのポイントがたまり、さらに「スターバックスカードの利用」でStarもたまるからです。

PayPayを利用した場合は、PayPayポイントの還元のみとなってしまいます。

スタバでPayPayを利用した場合

PayPayをスターバックスで利用した場合、PayPayのポイント還元があります。

「PayPay残高払い」を利用した場合のポイント還元率は0.5%(200円につき1ポイント)で、「クレジット(旧PayPayあと払い)」の場合は1%還元です。また、PayPayステップの条件達成で+0.5%アップします。

PayPay残高払い クレジット
(旧PayPayあと払い)
基本還元率 0.5%
(最大1%)
1%
(最大1.5%)

なお、PayPayで支払った場合は、Starはたまりません。

スタバでスターバックスカードを利用した場合

一方、スターバックスカードを利用した場合、次の2つの特典がつきます。

  • 1)クレジットカードからのチャージでポイントがたまる
  • 2)スターバックスリワードでStarがたまる

スターバックス カードとは、キャッシュレスでスターバックスを利用できるプリペイドカードで1,000円(最大30,000円まで)から入金でき、繰り返し利用できます。

1)クレジットカードからのチャージでポイントがたまる

スターバックスカードにチャージするとポイントがたまるクレジットカードには次のカードがあります。

カード 1,000円チャージした時の
ポイント還元(目安)
JCB CARD W Oki Dokiポイント:11ポイント
※1ポイント3~5円相当
dカード dポイント:40ポイント
※1ポイント1円相当
エポスカード エポスポイント:10ポイント
※1ポイント1円相当
楽天カード 楽天ポイント:10ポイント
※1ポイント1円相当
三井住友カード(NL) Vポイント:5ポイント
※1ポイント1円相当

JCB CARD W

Oki Dokiポイントは、利用合計金額1,000円(税込)ごとに1ポイントたまります。

スターバックスカードへのオンライン入金・オートチャージを行う場合は、「ポイントアップ登録後」に対象カードを利用すればOki Dokiポイント還元が11倍になります。

たまったポイントは、スターバックスカードへの入金に1ポイント4円相当として利用可能です。

なお、JCB CARD Wは「18~39歳限定(入会済みであれば40歳以降も利用可能)」のカードのため、40歳以上の人は「JCB CARD S」を利用しましょう。

「JCB CARD S」を使った場合のポイント還元は10倍です。

dカード

スターバックスはdカードの特約店となっており、通常利用に加え特典ポイントが付きます。

dカードを「スターバックスカードへのオンライン入金・オートチャージ」に利用すると、100円で3ポイントたまり、通常の利用特典(税込100円につき1ポイント)と合わせて合計で4ポイントたまります。

エポスカード

エポスカードを「スターバックスカードへのオンライン入金・オートチャージ」に利用すると、エポスカード優待特典でポイントが2倍になります。

楽天カード

楽天カードを「スターバックスカードへのオンライン入金・オートチャージ」に利用すると、100円につき1ポイントたまります。

楽天カードで楽天キャッシュをチャージした「楽天ペイ」を利用すると、1.5%ポイント還元となりますが、Starはたまらないので注意が必要です。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)を「スターバックスカードへのオンライン入金・オートチャージ」に利用した場合のポイント還元率は0.5%(200円につき1ポイント)です。

「スターバックス」は、タッチ決済の利用で7%還元となる対象店舗には入っていないため、還元率は低くなっています。

2)スターバックスリワードでStarがたまる

「スターバックスリワード」は、ウェブ登録してスターバックスカードでお買い物をすると「Star」がたまる会員プログラムです。

54円(税込)ごとにStarが1つたまり、たまったStarはビバレッジ(スターバックスでの飲み物全般)やフードなどに交換できます。

なお、ウェブ登録すると、スターバックスリワードへの参加の他に「オンライン入金」、「オ-トチャージ」、「残高補償サービス」、「残高移行」などの便利な機能が使えるようになるので、スターバックスカードを作ったら必ず登録しましょう!

LINEスターバックスカード

LINEスターバックスカード

「LINEスターバックスカード」は、LINEアプリで発行できるスターバックスカードで「スターバックスリワード」にも参加できます。

入金方法は次のとおり。

  • LINE Pay支払い
    • LINEポイント
    • クレジットカード(チャージ&ペイ)
    • LINE Pay残高
  • PayPay支払い
    • PayPay残高
    • クレジット(旧あと払い)

「三井住友カード発行のVisaブランドのクレジットカード」を使えばVポイントをためることができます。

「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」のチャージ&ペイはオンライン決済に対応していないため、ポイント還元対象外です。

また「Visa LINE Payクレジットカード」もチャージ&ペイでのポイント還元はないので注意しましょう。

LINEスターバックスカードにチャージする場合は、「My Starbucks会員」に登録後に、ウェブからJCB CARD Wなどの還元率の高いカードを利用してチャージするとお得です。

まとめ:スタバで使うならスターバックスカードがお得

以上、スターバックスカードとPayPayを比較した結果を紹介しました。

ポイントは次のとおり。

  • スターバックスカードの利点:クレジットカードのポイントとStarが両方たまる
  • PayPayの利点:PayPayポイントの還元はあるが、Starはたまらない
  • カード特典:JCB CARD W、dカードなど、カードによってポイント還元が異なる
  • スターバックスリワード:ウェブ登録でStarがたまり、ビバレッジやフードに交換できる

スターバックスでは、スターバックスカードとPayPayのどちらも利用できますが、PayPayよりも「スターバックスカード」の方がポイントとStarの両方がたまってお得です。

ポイ活を使って、スターバックスをよりお得に楽しみましょう!