Tポイントを統合した新「Vポイント」:ユーザーへの影響は?何が変わる?

  • 広告
  • 公開:
  • 更新:
Tポイントを統合した新「Vポイント」:ユーザーへの影響は?何が変わる?

2024年4月22日(月)よりTポイントとVポイントが統合し、青と黄色の「新Vポイント」がスタートします。

この記事では「新Vポイント」サービスで何が変わるのか、またTポイントユーザー、Vポイントユーザーへの影響について解説します。

青と黄色の「新Vポイント」サービス概要

青と黄色の新Vポイントサービスは、「7000万ユーザーのTポイント」と「200以上の国と地域で使えるVポイント」が統合したポイントサービスです。

「Tポイント提携先」や「世界のVisa加盟店」でポイントをためたり、使ったりすることができ、ポイントを利用できる範囲が格段に広がります。

新Vポイントについて

2024年4月22日(月)より「Vポイント」と「Tポイント」が統合され、両者を連携することで両ポイントを合算して使えるようになります。

合算することで、VポイントはTポイント提携先で、TポイントはVisa加盟店やネットショッピングなどで使えるようになり、どちらのポイントも利用範囲が広くなるのが特徴です。

また、バラバラだったポイントを合算して利用できるため、利用できるポイント数も増えます。

たまったポイントは「1ポイント1円」として利用できます。

ポイント有効期限

青と黄色の新Vポイントの有効期限は、Tポイントの有効期限と同じ仕様になり、「貯める」「使う」「交換する」のいずれかを行うと有効期限が1年延長されます。

リニューアル時点で持っているVポイントは、すべて有効期限が最終利用日(貯める・使う・交換する)から1年に切替わります。

1年以内に利用すれば「ポイントは失効しない」ので使い勝手がよくなりました。

Tポイント・Vポイントユーザーへの影響

今回の変更に伴い、Tポイント・Vポイントユーザーにどのような影響があるのかを紹介します。

Tポイントユーザーへの影響

Tポイントアプリの変更

Tポイントユーザーは、「Tポイントアプリ」を「Vポイントアプリ」にアップデートが必要です。

ポイントのため方・使い方

TカードとモバイルTカード(モバイルVカード)は、統合後もそのまま利用でき、ポイントのため方・使い方も従来と一緒です。

Tポイント加盟店で手持ちの「Tカード」、「モバイルTカード(モバイルVカード)」を提示することで新Vポイントをためることができ、現金での支払いでもポイントをためられます。

また、「Vポイントアプリ」を使えば、いままで利用できなかったVisa加盟店でのポイント利用が可能です。

なお、モバイルTカードは「モバイルVカード」と名称が変更され、将来的にTカードはモバイルVカードに移行される予定となっています。

Vポイントユーザーへの影響

Vポイントアプリの変更

Vポイントユーザーは、「Vポイントアプリ」を「VポイントPayアプリ」にアップデートが必要です。

Tポイントを連携することでポイントが合算され、モバイルTカード(モバイルVカード)も表示できるようになります。

なお、連携は必須ではないようですが、連携しないと機能が使えないようです。

ポイントのため方・使い方

Vポイントユーザーは、今までと同じように三井住友カードを利用することで新Vポイントをためることができます。

また、「VポイントPayアプリ」では、「モバイルTカード(モバイルVカード)」を提示することができ、スマホのタッチ決済と合わせて利用することでポイント2重取りが可能です。

VポイントPayアプリを使ってポイントの利用もできます。

Tが付くサービスについて

今回の統合により、2024年4月22日(月)からTのつくサービスもVがつくサービスに名称変更されます。

Tマネーは「Vマネー」、Tポイント/Tサイトは「Vポイントサイト」などに変わります。

まとめ:TポイントとVポイント統合

以上、TポイントとVポイントの統合により誕生した新しいポイント「Vポイント」の概要と、それに伴う変更点について紹介しました。

新Vポイントは、7000万ユーザーのTポイントと200以上の国と地域で使えるVポイントが統合されたサービスで2024年4月22日(月)からスタートします。

Tポイント提携先や世界のVisa加盟店でポイントを貯めたり、使ったりすることができ、ポイントの利用範囲が大幅に拡大します。

  • TポイントとVポイントが統合され、両ポイントを合算して使用可能
  • 新Vポイントは「1ポイント1円」として利用でき、有効期限は最終利用日から1年
  • Tポイントユーザーは「Tポイントアプリ」のアップデートが必要
  • Vポイントユーザーは「Vポイントアプリ」をアップデートしTポイントと連携
  • TのつくサービスはVのつくサービスに名称が変更(例:TマネーはVマネーに)

PayPayなどに押され気味のTポイントですが、キャンペーンやVポイントとの連携でより使いやすくなります。

例えば、統合後の新VポイントがTポイントと同じように利用できれば、毎月20日に開催しているウエルシアの「お客様感謝デー」は利用しやすいキャンペーンの一つです。

「カウントダウン祭」キャンペーン開催


2024年4月22日(月)の統合に向けて、「モバイルTカード」と「三井住友カード」のカウントダウンキャンペーンを開催しています。

1)「モバイルTカード」提示で2倍!新規登録者は10倍!

エントリーのうえ、会計時に「モバイルTカード」を提示し、1ポイント以上たまる会計をするとTポイントが2倍たまるキャンペーンを開催中です。

さらに、モバイルTカードに新規登録した人は、キャンペーンサイトでエントリーすると、エントリーを完了した初月はポイントが10倍たまります(次月以降は2倍)。

キャンペーン期間は、2024年1月9日(火)~2024年4月21日(日)まで。特典付与上限は、1カ月あたり500ポイント(4カ月で最大2,000ポイント)。

2)「三井住友カード」のスマホのタッチ決済で10%還元!

三井住友カードの対象カードでエントリーのうえ、対象のコンビニ・飲食店にてスマホのタッチ決済をすると、利用金額(税込)の10%がVポイントで還元されます。

スマホのタッチ決済とは「Apple Pay」「Google Pay」のVisaのタッチ決済、またはMastercard®タッチ決済です。iDの利用は対象外となっています。

10%の内訳は以下のとおり。

  • 通常ポイント:0.5%
  • 対象のコンビニ・飲食店の利用:6.5%
  • 当キャンペーン特典:3%

キャンペーン期間は、2024年1月9日(火)~2024年4月21日(日)まで。特典付与上限は、1,000ポイントとなっています。

実施対象店舗や対象カードの最新情報は、キャンペーンサイトをご確認ください。