PayPay(ペイペイ)とFamiPay(ファミペイ)、ファミリーマートで使うならどっちがお得?

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

PayPay(ペイペイ)の決済利用時の付与率が0.5%に変更され、他のQRコードサービスとあまり変わらなくなってきました。

そこで、改めてファミリーマート独自のQRコード決済「FamiPay(ファミペイ)」と「PayPay」をファミリーマートで使う場合、どちらがお得なのかを比較してみました。

PayPayとFamiPayの還元率の違い

PayPayやFamiPayは、決済を利用するとポイントがもらえる還元システムがあります。

還元率の違いや特徴について比較したのが下記の表です。

PayPay(ペイペイ) FamiPay(ファミペイ)
利用還元率 0.5%(または1.0%、1.5%)
※還元率はPayPayステップによって異なる
※200円で1ポイント
0.5%
※200円で1ボーナス
※ポイントカード提示で0.5%(200円で1ポイント)
ポイントカード +0.5%
※決済前に提示または連携
※200円で1ポイント
+0.5%
※決済前に提示
※200円で1ポイント
クーポン・スタンプ

利用還元率の違いはある?

ファミリーマートでお買い物をした時の還元率は、基本的にPayPayもFamiPayも0.5%還元(200円で1ポイントまたは1ボーナス)で同じです。

ただし、PayPayの還元率は、PayPayステップによって還元率が1%、1.5%と変化します。

PayPayステップで1.5%の還元率を獲得していれば、QRコード決済単体ではPayPayの方がお得です。

ポイントカード提示による違いはある?

ファミリーマートでは、dポイントカード、楽天ポイントカード、Tカードのいずれかのポイントカードを決済前に提示することで0.5%(200円で1ポイント)のポイント還元がつきます。

ポイント還元率は、PayPayもFamiPayも0.5%で同じです。

PayPayステップで還元率が1.5%であれば、ポイントカードの提示と合わせて最大2%還元になります。

クーポン・スタンプ

PayPayやFamiPayはどちらもクーポンを配布していますが、基本的にファミリーマートで使えるクーポンはPayPayにはありません。

FamiPayにはクーポンやドリンクなどの回数券があり、商品を割引価格で購入できます。

どちらかがお得になる特殊な場合

PayPayやFamiPayが独自に行うキャンペーンによって、ポイント還元率が変わることがあります。

各種キャンペーンは、PayPayやFamiPayアプリで情報チェックが必要です。

【結論】クーポン利用ならFamiPayがお得

もし、クーポンの利用はなしでQRコード決済だけの利用であれば、還元率1%以上のPayPayの方がお得です。

しかし、クーポンや回数券を利用するのであればFamiPayの方がお得になります。

特に、FamiPayの揚げ物系割引クーポンを使えば、20円や30円引きになるのでPayPayの還元率を上回り、さらにポイントがもらえます。

※PayPayの還元率が1.5%の場合、1,000円のお買い物で還元されるのは15ポイントです。

また、FamiPayの場合は、アプリにポイントカードを連携することで提示が不要になるため、利便性の面でもやや有利です。

PayPayを使う機会があるとすれば、全加盟店を対象に行うキャンペーン時です。キャンペーン内容によってはファミリーマートで利用するとお得かもしれません。

Close Menu