PayPayとnanaco、セブンイレブンで使うならどちら便利でお得?

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

PayPayは、セブンイレブンアプリと連携することで簡単に支払いができます。。

また、セブンイレブンではFlica搭載の電子マネーnanacoが使えるので、どちらを使った方がお得なのか気になるところです。

PayPayとnanacoのどちらを使った方が便利でお得なのかを紹介します。

PayPayとnanacoの還元率の違い

PayPayもnanacoも決済利用でポイントがたまります。

還元率の違いや特徴について比較したのが下記の表です。

PayPay(ペイペイ) au PAY(エーユーペイ)
利用還元率 0.5%(または1.0%、1.5%)
※還元率はPayPayステップによって異なる
※200円で1ポイント
0.5%
※200円で1ポイント
セブンマイル 0.5%還元
クーポン・キャンペーン

利用還元率の違いは?

セブンイレブンでお買い物をした時の還元率は、基本的にPayPayもnanacoも0.5%還元(200円で1ポイント)で同じです。

PayPayは、PayPayステップの達成条件によって、還元率が変化します(0.5%、1%、1.5%)。

もし、PayPayのポイント還元率が1%以上であれば、PayPayを使った方がお得です。

ポイントカードは使えないがセブンマイルがたまる

セブンイレブンでは、楽天ポイントカード、Tポイントカード、dポイントカード、Pontaポイントカードなどのポイントカードは使えません。

そのかわり、セブンイレブンアプリを使って「マイル」をためることができます。

※マイルをためるには、セブン・マイル・プログラムに登録が必要です。

セブンイレブンアプリを開いて、レジ清算前に店員に会員バーコードを提示すると200円(税抜)ごとに1マイルたまります。

クーポン・キャンペーン

セブンイレブンアプリでは、クーポンを配布しており、PayPayでもnanacoでも利用できます。

また、キャンペーンは、PayPayもnanacoも独自の内容で開催しているので、どちらがよいかはキャンペーンの中身を見て判断する必要があります。

PayPayでは、PayPayジャンボなどで抽選で1000%還元キャンペーンなどを開催していることがあります。

nanacoでは、会員限定のキャンペーンやポイント山分けキャンペーンなどがあります。

総合するとどちらが便利でお得?

セブンイレブンアプリのクーポンを使って支払う場合は、PayPayステップによるポイント還元率が1%以上であれば、PayPayの方がお得です。

また、ソフトバンクユーザーやYモバイルユーザーが優遇されるキャンペーンなどもあるので、その場合もPayPayがお得になる可能性があります。

それ以外の場合は、PayPayのポイント還元率が0.5%であれば、nanacoも還元率は同じなのでどちらを使っても損はしません。

還元率が同じ場合は、キャンペーンを確認してお得なキャンペーンを開催している方を利用しましょう。

Close Menu