LINE Pay(ラインペイ)とは?評判・メリット・デメリット紹介!還元率とお得な使い方は【2021年版】

LINE Pay(ラインペイ)とは?評判・メリット・デメリット紹介!還元率とお得な使い方は【2021年版】

LINE Pay(ラインペイ)は、LINE Pay株式会社が提供するスマホQRコード決済アプリです。

LINEはPayPayとの統合を発表しており、LINE Payの国内QRコード決済は、2022年4月頃にPayPayに統合することを発表しています。

2020年5月1日から「LINEポイントクラブ」のマイランク制度(チャージ&ペイの還元率と特典クーポンの枚数制限)を2021年4月30日で終了し、2021年5月1日よりチャージ&ペイの還元率を一律0.5%に変更し、特典クーポンの枚数制限も撤廃しています。

さらに、「Visa LINE Payクレジットカード」の初年度特典の還元率3%も予定通り終了し、2021年5月1日からは「2年度特典」として、還元上限なしの2%還元(基本還元率1%+2年度特典1%)へ変更します。

LINE Payの還元率一律0.5%は、他のQRコードサービスと大差ない還元率で、PayPayとの統合に向けてPayPayへのユーザー誘導にも受け取れます。

いずれにしろ、LINE Pay以外のQRコード決済の選択が必要になりそうです。

LINE Pay(ラインペイ)基本の還元内容

サービス名 LINE Pay(ラインペイ)
公式サイトURL LINE Pay
SNSアカウント LINE Pay公式アカウント
LINE Pay 公式ブログ
関連記事 LINE Pay(ラインペイ)関連の記事
還元率 0.5%(200円で1ポイント)
対応店舗 店舗一覧
支払設定 ・チャージ(セブン銀行ATM/Famiポート/銀行口座/LINE Payカードなど)
・即時支払い(Visa LINE Payクレジットカード)
補償 第三者による不正行為によって損害が発生した場合は、損害額はLINE Payが補償。ただし、1事故あたりの補償限度額が決まっており、原則10万円。

LINE Pay特典クーポン

LINE Pay特典クーポンは、LINE Payに設定して利用できるクーポンです。

LINE Pay特典クーポンは、右下の「ウォレット」とタップして、画面をスクロールすると「特典クーポン」というタイトルがでてきます。

Visa LINE Payプリペイドカードの提供をスタート

LINE Payは、2020年12月22日からiD加盟店とオンライン上のVisa加盟店で利用できる「Visa LINE Payプリペイドカード」の提供を開始しました。

「Visa LINE Payプリペイドカード」はバーチャルプリペイドカードで、入会金・年会費は無料でだれでも利用できます。

事前に使う分だけをチャージして利用するプリペイドカードなので、使い過ぎが心配な人におすすめです。

このバーチャルプリペイドカードは、Visa加盟店(オンラインショッピング)やiD加盟店で利用できます。

Apple PayやGoogle Payに設定することも可能になっています。

「Visa LINE Payプリペイドカード」へのチャージは下記の方法があります。

  • 銀行口座からチャージ
  • セブン銀行ATMでチャージ
  • ファミリーマート(Famiポート)でチャージ
  • LINE Pay カードレジチャージ
  • QR/バーコードを表示してレジでチャージ
  • 東急線各駅の券売機でチャージ