PayPay(ペイペイ)で楽天カードは使える!【ヤフーカードとどちらがお得?】

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

楽天カードは、PayPay(ペイペイ)に設定して使うことができます。

チャージして使う「プリペイド型(先払い)」としては利用できませんが、「ポストペイ型(後払い)」として利用できます。

ポストペイ型として利用する場合に、気になるのがヤフーカードと楽天カードのどちらを登録した方がお得かという点です。

以下から、ポストペイ型として使う時の違いやどちらがお得かを紹介します。

楽天カード登録時の注意点

まず最初に、楽天カードはPayPayに登録できるのですが、カードブランドに注意が必要です。

PayPayに登録できるのは、下記の2ブランドです。

  • VISA
  • MasterCard

ヤフーカードであればJCBでも登録できますが、それ以外の場合は、上記のいずれかのブランドでなければ登録できないので注意しましょう。

PayPayに設定するなら楽天カードとヤフーカードどちらがお得?

楽天カードを登録した方がお得な場合とヤフーカードの方がお得な場合があります。

楽天カード ヤフーカード
PayPayステップの
基本付与率が0.5%

楽天カードは還元率1%
PayPayステップの
基本付与率が1.5%
PayPayステップの
カウント

カウント対象外

カウント対象
キャンペーン
PayPay残高・ヤフーカード以外は基本的に対象外
クーポン
クーポンは支払い方法に関係なく対象

PayPayステップの基本付与率でお得なカードが変わる

PayPayステップの基本付与率が0.5%の時は、楽天カードの方がポイント還元率1%でお得です。

※ヤフーカードは「PayPay決済」や「PayPay残高チャージ」のポイント還元はないので0.5%還元のみです。

PayPayステップの基本付与率が1%の場合

どちらのカードを使ってももらえるポイントは同じです。ヤフーカードを設定していれば「PayPayボーナス」が付与され、楽天カードを設定していれば「楽天ポイント」がもらえます。

還元されたポイントを再利用しやすい方を選んで使いましょう。

PayPayステップの基本付与率が1.5%の場合

基本付与率が1.5%の時はヤフーカードを設定して使いましょう。設定して利用しないと付与対象外になってしまいます。

なお、PayPayステップは、PayPay残高やヤフーカードを設定している時に達成条件がカウントされ、最大1.5%まで付与率をアップさせることができます。

しかし、楽天カードを設定していると、達成条件もカウントされないので付与率は0.5%のままになってしまいます。

PayPayクーポン利用時はどちらがお得?

クーポンに関しては、どちらを使ってもクーポンの付与率は同じです。

キャンペーン時はヤフーカードがお得

キャンペーンでは、基本的にPayPay残高かヤフーカードでの支払いが対象になっています。

キャンペーン対象になるように、ヤフーカードを設定しましょう。

【まとめ】PayPayに設定するならどちらがお得?

PayPayにクレジットカードを設定して使う「ポストペイ型」の場合は、PayPayステップの達成見込みが全くない場合は、楽天カードを設定したほうがお得です。

キャンペーンの時は、ヤフーカードに切り替えて、ポイント付与を逃さないようにしましょう。

Close Menu