メタップスがデジタルアイテムを売買できる取引所「miime(ミーム)」を発表

メタップスの子会社でブロックチェーン事業を担当するメタップスアルファは、代替え不可トークン(Non Fungible Token/NFT)をユーザー間で売買できるCtoCマーケットプレイス「miime(ミーム)」を発表した。

また今回の発表に合わせクローズドβ版を開始し、9月5日より先着100名限定でクローズドβ版への参加申し込みを受け付ける。

アイテムマーケットプレイス、ミームとは

ブロックチェーン技術を使ったゲーム(分散型アプリケーション/dapps)では、ゲーム内アイテムをイーサリアムの規格の一つである代替え不可の機能を持ったトークンとして発行しており、代表的なデジタルアイテムとしてクリプトキティやマイクリプトヒーローズのゲーム内アイテムがある。

代替え不可トークン(Non Fungible Token/NFT)
独自のパラメータを持ったゲーム内アイテムはそのトークンのみで存在し、同じアイテムのように見えてもパラメータの中身が違っている。その代替え不可トークンはイーサリアム上で発行されているため、だれでも譲渡可能となっている。

そのイーサリアム上のトークンを個人間で売買できるサービスを提供しようとするのがミーム市場となっている。

デジタルアイテムは成長市場

今回発表されたプレスリリースでは、注目を浴びているVR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの技術進化が今後も進むとし、仮想世界で所有する道具や家具、衣服などのデジタルアイテムが飛躍的に増えると言及されている。

アイテム市場の仕組み

ユーザーが売買を行うための画面や出品情報はミームのWebアプリケーションが提供し、購入時のETHの支払いやデジタルアイテムの所有権移転は、イーサリアムのブロックチェーン上のスマートコントラクトにて実行される。

出品・購入のフロー

オープンβ記念 参加者限定キャンペーン

先着100名限定のクローズドβは2019年9月5日(木)から約2週間程度の申し込み期間となっている。また、記念キャンペーンも開催しておりMy Crypto Heroesのアイテムを出品すると、1アカウントにつき最大10点までレアリティに応じたETHが付与される。

クローズドβ参加申し込み

・期間:2019年9月5日(木)から約2週間程度
・利用可能機能:NFTの出品、購入、オファー(販売依頼)

クローズドβ参加申込ページ:https://miime.typeform.com/to/ZFIfou
記念キャンペーン詳細:https://medium.com/@moromaro6/miime-openbeta-campaign-e9fae63480dc
参考:プレスリリース/メタップスアルファ、デジタルアイテムのマーケットプレイス「miime(ミーム)」を発表

Close Menu