日立ソリューションズがイーサリアム基盤の「PegaSys Plus」を販売開始

日立ソリューションズは、イーサリアム開発のコンセンシス社と企業向けプラットフォーム「PegaSys Plus」の販売代理店契約を締結し、4月1日から販売開始することを発表した。

日立ソリューションズとコンセンシス社は「PegaSys Plus(ペガシスプラス)」を活用した分散型アプリケーションの開発から運用、教育までをトータルにサポートする。

PegaSys Plus(ペガシスプラス)とは

企業向けに信頼性やセキュリティの高さを備えた、イーサリアム基盤の分散型アプリケーション構築プラットフォーム。パブリックに加えプライベートブロックチェーンの構築にも対応し、セキュリティや監視機能など企業向けの機能を提供している。

また保存されるデータベースを暗号化しており、万が一ハッカーがデータにアクセスできた場合でも暗号で保護される特徴を持っている。

このPegaSys Plus(ペガシスプラス)を利用することで、デジタル資産の取引や、金融商品のデジタル化、物流管理、書類証明など様々な分野での活用することが出来ると発表されている。

コンセンシス社のJoseph Lubin氏はプレスリリースで以下のようにコメントを発表した。

コンセンシス社、Joseph Lubin氏
日立ソリューションズとの協業の発表に胸を躍らせております。日本は今後数年間で、世界で最も急速に成長するブロックチェーン市場の1つになる可能性があると考えており、日立ソリューションズとその成長を促進させていくことを熱望しています。当社の製品を日本へ提供し、素晴らしいパートナーとして協力していくことで、日本がこの分野のグローバルリーダーなれるように専心していきます。

参考: 国内初、イーサリアムのブロックチェーン基盤である「PegaSys Plus」を販売開始

Close Menu