楽天でふるさと納税する方法【お得に楽天ポイントを稼ぐには?】

  • 公開日:
  • 更新日:
楽天でふるさと納税する方法【お得に楽天ポイントを稼ぐには?】

「楽天ふるさと納税」なら、いつもと同じように買い物することで寄付ができてお礼の品がもらえます。

楽天ふるさと納税のやり方や、お得になる寄付のやり方を紹介します。

楽天ふるさと納税のやり方

楽天ふるさと納税の手順

楽天ふるさと納税の手順で、今年中(1/1~12/31)にやらないといけないのが、下記の2つです。

今年中(1/1~12/31)にやること

  • 寄付上限のチェック
  • 楽天ふるさと納税で寄付をする

翌年やること

  • 確定申告(翌年2月16日~3月15日)
    またはワンストップ特例制度(翌年1月10日)

確定申告は、ふるさと納税をしたら翌年の決まった期間に行います。条件にあう人ならワンストップ特例制度(翌年1月10日)もできます。

大まかな手順はこのようになっています。

以下から、楽天ふるさと納税のやり方を紹介していきます。

かんたんシミュレーターで寄付上限をチェック

【楽天ふるさと納税】手順1:寄付上限を確認する

まずは、自分ができる寄付の上限を「かんたんシミュレーター」でチェックします。

かんたんシミュレーター

かんたんシミュレーターでは、「年収」「家族構成」「扶養家族」の3つの項目だけで寄付上限額の目安を算出できます。

例えば、

モデルケース:夫の場合(妻は扶養)

  • 年収500万円
  • 既婚
  • 配偶者控除あり(妻が扶養になっている)
  • 0~15才以下の子供が2人いる

の場合は、下記のようになります。

夫だけでなく、所得税や住民税を納めている人なら、妻でもふるさと納税ができます(専業主婦の人は税金控除されません)。

夫婦共働きの場合の「妻」の場合、下記のようになります。

モデルケース:共働きの妻の場合

  • 年収250万円
  • 既婚
  • 配偶者控除なし(夫の扶養に入っていない)
  • 0~15才以下の子供が2人いる

妻が配偶者控除の対象になっていると、寄付金額上限が低くなるので、ふるさと納税してもお得になりません。

寄付上限額は、詳細版シミュレーターでさらに詳しい目安を算出できます。

詳細な上限額を出す時は「源泉徴収票」が必要です。もし、手元にあればそれを使って上限を確認したほうが安心できます。

詳細版シミュレーター

楽天ふるさと納税で寄付をする

【楽天ふるさと納税】手順2:寄付をする

寄付上限が分かったら、楽天ふるさと納税ページで寄付先を見つけます。

楽天ふるさと納税

寄付する時には、いくつか選択項目があります。

「注文者情報」と「住民票情報」が一致していないと税金が控除されないので、違う場合は修正しましょう。

また、ワンストップ特例制度を利用する場合は、申込書の送付を「希望する」にします。

決済完了がふるさと納税した日になるので、「1/1~12/31」までに決済を完了させましょう。

12月31日の23時59分に寄付すると、決済完了が間に合わないこともあるので注意が必要です。

※お礼の品の送付は翌年になっても、決済が完了すれば大丈夫です。

注文完了すれば、お礼の品が送られてきます(時間がかかる時もあります)。

お礼の品とは別に「寄付金控除の証明書」が送られてくるので、確定申告まで保管しておきます。

人気のふるさと納税お返し品

お礼の品では、下記の商品が楽天ふるさと納税で人気があります。

10月であれば、12月や来年1月に向けて、「クリスマスケーキ」や「おせち」を選ぶ人もいます。

寄付できる金額が少し余った時に便利なのが「1,000円でできる楽天ふるさと納税」です。

送料無料で、1,000円で寄付できるものがあります。

楽天ふるさと納税1,000円

お得にポイントを稼ぐなら「お買い物マラソン」

楽天でふるさと納税する時は、「お買い物マラソン」開催期間中にしましょう。

お買い物マラソンでは、1ショップ合計1,000円(税込)以上購入するとポイントが2倍、3倍と増えていき、10ショップ以上の購入でポイント10倍となります。

さらに、SPU(スーパーポイントアッププログラム)などのポイント倍率も加算されるので、ふるさと納税で使うともらえるポイントが大幅にアップします。

事前に購入したいものを選んでおいて、ショップを買い回りすとお得にポイントが稼げます。

ワンストップ特例制度・確定申告する

【楽天ふるさと納税】手順3:確定申告をする

税金の還付・控除を受けるには、「ワンストップ特例制度」か「確定申告」のどちらかの方法で申告が必要になります。

ワンストップ特例制度で申告できるかどうかは、下記ページの「寄附金控除(ふるさと納税など)を受けられる方へ(PDF/1,157KB)」を参考に確認できます。

【国税庁】確定申告特集(ふるさと納税をされる方へ)

ワンストップ特例制度の場合は、翌年1月10日までに申告すれば確定申告が不要になります。

確定申告の場合は、翌年2月16日~3月15日になったら確定申告をします。

「紙の申し込み」、「e-Tax」のどちらかで申告できますがe-Taxが便利です。

e-Taxのやり方は下記のページを参考にしてください。

e-Taxで確定申告する方法