LINE Pay(ラインペイ) JCB提供のSmart Code提携 加盟店は決済手段を一括導入可能

クレジットカードのJCBが提供しているQR・バーコード決済スキーム「Smart Code」は、スマートフォン決済のLINE Pay(ラインペイ) の導入を開始した。

JCB「Smart Code」

「Smart Code」とは複数のキャッシュレス決済をまとめて導入することが出来るJCBのシステムで、店舗側はそれぞれ決済事業者と個別に契約しなくて良く、決済端末も統一できる特徴を持っている。決済企業としてノウハウのあるJCBが、事業者と店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供や、両者間の加盟店契約の一本化を行っている。この「Smart Code」システムではユーザーがQRコードやバーコードを提示し、店舗側が読み込む決済方法が採用される。

現在、加盟店が「Smart Code」導入で可能になる決済はメルペイ、ゆうちょPay、K PLUSで、今回これにLINE PAYが加わった。提携が合意し今後利用可能になる決済手段としてatone、au PAY、EPOS PAY、pring(プリン)などがある。

LINE PayとJCBは以前から「LINE Pay カード」の発行でも提携を行っており、広範囲なインフラや大規模ユーザー層など両社が持つ特徴を活かしキャッシュレス社会を目指している。

参考:LINE Payが、JCB のQR・バーコード決済スキームSmart Codeの本格導入を開始

Close Menu