【イオンカード・WAONどっちがお得?】キャッシュレス比較でのお客さま感謝デー他、セールデー紹介

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
【イオンカード・WAONどっちがお得?】キャッシュレス比較でのお客さま感謝デー他、セールデー紹介

ポイント還元のお得度ならWAONがお得!ただし、イオンセレクトカード(WAON一体型)で!(結論)

イオングループ(AEON)は日本全国に店舗を持つ、国内小売トップの大型スーパーです。利用者は子供から大人まで生活に密着した存在です。

イオンはクレジットカードのイオンカードや電子マネーWAONも展開しています。
そして、それぞれキャッシュレス・消費者還元事業の対象カードにもなっています。
キャッシュレス・消費者還元制度のご案内 |イオンカード 暮らしのマネーサイト
キャッシュレス・消費者還元事業 | 電子マネー WAON [ワオン] 公式サイト

イオンなどのスーパーは独自のポイント制度を導入していることが多く、さらに特定の日にOFFセールやポイントアップするセールデーを設定していることも多いです。そんな日常的に使うスーパーでのお買い物で共通して使いやすいカードは非常にお得で便利です。

そこで、イオンで実施しているTVCMでもお馴染み「お客さま感謝デー」他、セールデーを、イオンカードとWAONどっちがお得か?を比べつつキャッシュレス視点で紹介してみたいと思います。

イオンカード・WAONとは?違いは?

■決済としての違い
端的に言えば、
・イオンカードはクレジットカード(月請求)、貯まるポイントはときめきポイント
・WAONは電子マネー(チャージ:上限2万~5万円)、貯まるポイントはWAONポイント

ポイントが別なのは面倒ですが、提携先ポイント交換からWAONへの移行が可能です。ただし、交換は1000pt(20万円利用)から。

■通常特典ポイントの還元率の違い
どちらも、200円ごと1ポイント(0.5%)なので違いはありません。

■特定の「お得デー」での通常特典の違い
こちらも、違いはありません。
お客さま感謝デー、ありが10デー、わくわくデーなどの通常特典ポイント還元率はイオンカードでもWAONでもグループ加盟店で同じです。

■通常特典ポイントの使いやすさの違い
イオンカードのときめきポイントはポイント交換での利用のため使いにくいです。ほぼWAONへのポイント交換一択と考えてよいでしょう。
前述のWAONへのポイント交換が1000ptからでショッピング20万円利用毎と考えると、利用額が少ない場合、還元率が変わらないから両方使うというのも現実的とは言えません。面倒ですし。
WAONは電子マネーのためそもそも使いやすく、日頃のスーパーなどショッピングで貯めつつ、そのまま使えば消費にも困りません。

■なら違いは?どっちがお得?『 お得なのはWAON 』
通常特典は同じですが、WAONはポイントボーナスが付いたり、WAONだけのキャンペーンや、使えるお店別でのキャンペーンが頻繁にあることから、お得にポイントを貯めるならWAONです。使い先にも困ることはありません。

イオンカードのときめきポイントなどは、キャンペーンは高額利用が条件かつ抽選がほとんど、利用は1000ポイント以上から交換など還元率は同じでもハードルが高いのが弱点です。

WAONの弱点は、電子マネー共通の弱点です。チャージ式なので高額商品への利用には向かない、有効期限による失効の恐れ、利用を終了する時の残額回収の手間などがあります。

■イオンカードのメリットは?ハイちゃんとあります
ここまで書くと、イオンカードを作るメリットは無い!ように受け取れますが、メリットはあります。

イオンカードを作るメリットは、イオンカードセレクトという、WAON一体型のイオンカードのWAONを利用することです。
特典はリンク先でいくつも紹介されていますが重要なのは以下の特典です。

・WAONへのオートチャージの利用で200円ごと1WAONポイントが付き、チャージしたWAON利用でもポイントが付く。

実質WAONのポイント還元率が0.5⇒1%の2倍になります。同様の仕組みでペイペイ+ヤフーカードが1.5%、d払い+dカードも1.5%なので一見見劣りしますが、後述のイオンのお客さま感謝デー他、お得デーを合わせると大きく上回ります。

さらに、期間限定ですが今なら「【Web限定】イオンカードセレクト 新規ご入会者 カードご利用代金 最大15%ときめきポイント還元」を実施中なため、お得度が格段に上がっています。
イオンカードセレクト|入会金・年会費無料!おトクなキャンペーン実施中 |イオン銀行


以下、イオンの「お客さま感謝デー、ありが10デー、わくわくデー」など恒常で実施されているお得デーを紹介します。

お客さま感謝デー


■概要
毎月20日・30日に対象店舗にて、電子マネーWAONのお支払いで5%OFFとなります。
ポイント還元ではなく値引きなのが
お客さま感謝デー

■対象店舗
イオン、イオンスタイル、ダイエー、マックスバリュ、ザ・ビッグ、イオンスーパーセンターなど
対象外に、まいばすけっと、ミニストップなど

毎月15日は「G.G感謝デー」。55歳以上のお客さまがおトク!


■概要
毎月15日は、G.G WAON・ゆうゆうワオンでのお支払いで5%割引となります。
前述の55歳以上対象発行カードでなくとも、イオンカードであれば、請求時に5%が割り引かれます。
さらに、15日は「お客さまわくわくデー」ポイント2倍が加算で併用されます。
ただし、請求払いではない。「WAONカード・JMB WAON・イオンJMBカード」でのお支払いの場合は5%OFFの対象外となります。WAONでの利用の場合、注意が必要です。
毎月15日は「G.G感謝デー」。55歳以上のお客さまがおトク!

お客さまわくわくデー


■概要
毎月5日・15日・25日に対象店舗にて、WAONのお支払いでWAON POINTが2倍、イオンカードのクレジット払いでは、ときめきポイントが2倍となります。(200円で1pt、0.5%→1%)
お客さまわくわくデー

■対象店舗
お客さまわくわくデー 対象店舗リスト

毎月10日はありが10デー


■概要
毎月10日の対象店舗にて、電子マネーWAONのお支払い200円(税込)ごとに、電子マネーWAONポイントが5倍になります。(200円で2.5pt、0.5%→2.5%)
(各種JMB WAONでのお支払いは5マイルプレゼント。)
毎月10日はありが10デー

■対象店舗
毎月10日はありが10デー 対象店舗

■注意点
※ 電子マネーWAON会員登録限定!いつでもポイント2倍は、「ありが10デー ポイント5倍」との重複付与はございません。

毎週土日はタッチで電子マネーWAONポイントプレゼント!


■概要
毎週土曜日と日曜日に、対象店舗に設置のハッピーゲート端末に電子マネーWAONカードをタッチすると、電子マネーWAONが2ポイント貰える。(10枚まで)
毎週土日はタッチで電子マネーWAONポイントプレゼント!

[参考:]
キャンペーン | 電子マネー WAON [ワオン] 公式サイト

小ネタ:イオンカードおよびWAONに共通する弱点

イオンカードおよびWAONカード。ふたつの共通する弱点を挙げるとしたら、しのぎを削るライバル、国内小売最競合である「セブン&アイHD」傘下のグループでは(互いに)ほぼお得には使えないという事でしょうか。セブン系列にはセゾンやそごうが含まれています。そちらでの買い物にはそちらに合った手段を工夫する必要があります。百貨店系は共通してお得なのってなかなかないですよねぇ…。

あと共通する弱点は、無駄遣いしやすいです。これはキャッシュレス共通の弱点でしょうか。キャッシュレスにすると現金の1.7倍消費傾向が伸びるといった報告もあります。現金志向がなかなか抜けない節約志向の日本ならではです。キャッシュレスの罠に陥らないよう、毎月の利用額の家計チェックを怠らないよう。ただ、現金思考から抜け出し消費が1.7倍になると経済成長する結果、財政再建、給料も伸びて家計が良くなるという指摘も。

Close Menu