イオンカードとWAONどっちがお得?ポイント還元やキャンペーンなどで比較

  • 公開日:
  • 更新日:
イオンカードとWAONどっちがお得?ポイント還元やキャンペーンなどで比較

イオンは、クレジットカードの「イオンカード」や電子マネーの「WAON」があります。

イオンカードと電子マネーWAONの違いや、ポイント還元率やキャンペーンなどを比較して、お得な使い方を紹介します。

イオンカードとWAONの違いは?

イオンカードは、イオンが発行する年会費無料のクレジットカードで、利用すると基本的に「WAON POINT」がたまります。

※2021/9/11利用分からときめきポイントからWAON POINTに変わりました。また、イオンJMBカードは「WAON POINT」の変わりにJALマイルがたまります。

また、電子マネーWAONを利用しても「WAON POINT(または電子マネーWAONポイント)」がたまります。

ポイントに関しては違いがなさそうですが、一覧にしてみると下記の部分がちがいます。

イオンカード 電子マネーWAON
基本還元率 0.5%
※200円(税込)で1ポイント
0.5%
※200円(税込)で1ポイント
イオングループでの還元率 1.0%
※200円(税込)で2ポイント
1.0%
※200円(税込)で2ポイント
※会員登録が完了した電子マネーWAONを使う
チャージ 0.5%還元
※イオンカードセレクトでオートチャージした場合
お客さまわくわくデー 1.0%
※200円(税込)で2ポイント
1.0%
※200円(税込)で2ポイント
ありが10デー 2.5%
※200円(税込)で5ポイント
2.5%
※200円(税込)で5ポイント
お客さま感謝デー 5%オフ 5%オフ
G.G感謝デー 5%オフ
※G.Gマークのついたクレジットでの払い
5%オフ
※G.G WAON・ゆうゆうワオンでの支払い
0のつく日はお得 2.5%
※200円(税込)で5ポイント
2.5%
※200円(税込)で5ポイント
その他 イオンシネマ割引など ボーナスポイントなど

※「WAON POINT」と「電子マネーWAONポイント」の違いは下記の記事を参照。

イオンカードとWAONの基本還元率の違い

イオンカードと電子マネーWAONの「基本還元率は0.5%(200円ごと1ポイント)」です。

イオングループの対象店舗であれば、どちらでも「還元率は1%(200円ごとに2ポイント)」になります。

ただし、電子マネーWAONの場合は、smart WAONウェブサイトから、あらかじめ会員登録が必要です。

電子マネーWAONの会員登録

イオンカードとWAONのキャンペーンやイベントによる違い

2つが対象になっているキャンペーンやイベントには、下記のものがあります。

キャンペーンやイベント

  • お客さまわくわくデー
  • ありが10デー
  • お客さま感謝デー
  • G.G感謝デー
  • 0のつく日はお得

キャンペーンやイベントでは、イオンカードとWAONのどちらを利用しても、ポイント還元率や割引率は同じです。

各キャンペーンやイベントの開催日、ポイント還元率、割引率を紹介します。

「お客さまわくわくデー」

「お客さまわくわくデー」は、毎月5日・15日・25日に開催され、対象店舗にてイオンカードや電子マネーWAONを使って支払うとWAON POINTが2倍の「200円(税込)で2ポイント」たまります。

※イオンJMBカード・JMB WAONカード・モバイルJMB WAON・BIC CAMERA JMB WAONカードでの支払いの場合はJALのマイルが2倍となります。

「ありが10デー」

毎月10日に開催される「ありが10デー」では、対象店舗にてイオンカードや電子マネーWAONを使って支払うと「200円(税込)ごとに5ポイント」たまります。

※各種JMB WAONでの支払いの場合はJALのマイルが5倍となります。

「お客さま感謝デー」

毎月20日・30日に、対象店舗にてイオンカードや電子マネーWAONを使うと5%オフになります。

※「お客さま感謝デー」は、ポイント還元ではなく値引きキャンペーンです。

「G.G感謝デー」

毎月15日は「G.G感謝デー」が開催され、55歳以上のイオンカードや電子マネーWAONでの支払いで5%オフになります。

イオンカードのクレジット払いの場合は請求時に5%オフ、電子マネーWAONの場合はレジにて5%オフになります。

また、15日に開催されている「お客さまわくわくデー」のポイント2倍も適用されます。

※G.GマークのついているイオンカードやG.G WAON・ゆうゆうワオンが対象です。

「0のつく日はお得」

毎月10日、20日、30日のイオンモール専門店にて、イオンカードや電子マネーWAONでの支払いで200円(税込)ごとに5ポイントたまります。

電子マネーWAONはオートチャージでポイントがたまる

電子マネーWAONは、イオンカードセレクトでオートチャージを設定すると、0.5%還元(200円で1ポイント)がつきます。

また、イオングループの店舗で電子マネーWAONを利用すれば、1%還元(200円につき2ポイント)になるので、オートチャージと合わせると1.5%還元になります。

「イオンカードセレクト」と「オートチャージ」した場合がポイント還元対象なので注意しましょう。

※イオンカードでオートチャージしてもたまりません。
※イオンセレクトカードでその都度チャージしてもたまりません。

イオンカードから電子マネーWAONにチャージした時にポイントがたまる条件

画像出典:WAON

ポイント以外の違いは?どっちがお得?

キャンペーンでの違いはほとんどありませんが、ポイント還元に関しては、イオンカードセレクトを使ったオートチャージを使えば、電子マネーWAONがお得です。

電子マネーWAONのボーナスポイント

電子マネーWAONの場合は、対象商品を購入すると通常のWAON POINTに加え、さらにポイントがもらえる「ボーナスポイント」があります。

また、電子マネーWAON独自のポイント山分けキャンペーンや、使えるお店別でのキャンペーンなども開催しています。

ただし、WAONはチャージ式なので高額商品への利用には向かない、有効期限による失効の恐れがある、利用を終了する時の残額回収の手間などがあります。

イオンカードのイオンシネマの割引特典

イオンカードの場合は、特典として下記のものがあります。

イオンカードの特典

  • 新規入会&カード利用特典
  • イオンシネマの割引特典

新規入会&カード利用特典は一時的なメリットですが、イオンシネマの割引特典では、イオンシネマチケットを優待価格1,000円(税込)で購入できます。

※イオンシネマの割引特典は、ミニオンズのイオンカード・イオンカードセレクトなど、カードに条件があります。

また、イオンカードでも、ポイントバックキャンペーンや10倍キャンペーンなどを実施しています。

電子マネーWAONとイオンカードセレクトの使い分けがお得

イオンカードセレクトを持っていれば、いろいろな場面で利用でき、イオンシネマの優待割引も使えます。

ただし、電子マネーWAONのポイント還元も捨てがたいので、店舗などでは電子マネーWAONを利用しつつ、イオンシネマなど必要に応じてイオンカードセレクトを併用するのがベストが使い方といえます。

どちらもキャッシュレスで使いやすいのですが、いらないものまで買ってしまわないように、計画的に利用しましょう。

※キャッシュレスにすると現金の1.7倍消費が増えるといった報告もあります。