PayPayあと払いとは?他の支払方法との違い、メリット、デメリットを紹介

  • 公開日:
  • 更新日:
PayPayあと払いとは?他の支払方法との違い、メリット、デメリットを紹介

PayPayあと払いとは、当月に利用した金額を翌月まとめて支払えるPayPayの支払い方法です。

PayPayでは、PayPayカードやヤフーカードを設定してカード経由でチャージやクレカ払いができなくなっており、そのかわりに「PayPayあと払い」がスタートしています。

PayPayあと払いと他の支払い方法の違いやメリット・デメリットを紹介します。

PayPayあと払いの特長

PayPayあと払いは、事前にPayPay残高にチャージしなくても、PayPayで支払うことができる決済方法です。

PayPayにクレジットカードを設定して、チャージなしで支払うのと同じイメージですが、クレジットカードのかわりにバーチャルカードを発行して利用します。

支払い方法は、「翌月払い」と「リボ払い」の2種類あり、リボ払いの場合は手数料が発生します。

※PayPayあと払いでは「分割払い」は選択できません。

翌月払い リボ払い
年会費 無料 無料
手数料 無料 あり
遅延損害金 年率14.6% 年率14.6%

遅延損害金は、利用代金を指定の期日までに支払えなかった場合に発生する費用です。期日までに、支払いに指定した金融機関の口座に入金しておきましょう。

クレカからチャージする方法は「PayPayあと払い」のみ

現時点(2022年3月時点)で、PayPayアプリにPayPayカードは登録できません。

唯一、PayPayにチャージできていたPayPayカード(ヤフーカード)を使ったチャージが使えないのですが、そのかわりに「PayPayあと払い」が提供されています。

また、PayPayカードを設定してチャージせずに支払う方法も「PayPayあと払い」で代替えできるようになっています。

すでにPayPayカードをPayPayアプリに登録している人はそのまま継続して利用できます。
新しくPayPayカードを取得した人は、PayPayあと払いを利用することになります。

PayPayあと払いとその他の支払い方法の違い

下記の4つの支払い方法で違いを比較してみました。

PayPay残高 現金や銀行口座からPayPayにチャージして利用する方法
PayPayあと払い バーチャルカードを発行して支払う方法
PayPayカード設定 PayPayカード(ヤフーカード)をPayPayに設定して支払う方法
※既に登録済みの人のみ利用可能で、新たに登録はできません。
他社カード設定 PayPayカード(ヤフーカード)以外のクレジットカードをPayPayに設定して支払う方法

支払い方法の違いは下記のとおりです。

PayPay残高 PayPayあと払い PayPayカード設定 他社カード設定
利用するカード 不要 バーチャルカード PayPayカード(ヤフーカード) 指定のクレジットカード
カードの審査期間 ・申込:5分程度
・審査:2分程度
※21時30分~翌10時までの申込は翌日12時以降の審査
・申込:5分程度
・審査:カードのお届けまで1週間程度
チャージなしで支払う 不可
PayPay残高へチャージする機能 なし なし なし
街のお店で決済
ネット決済 可(PayPayあと払い可能なサービスで利用可) 不可 不可
PayPayステップのカウント対象 〇対象 〇対象 〇対象 ✕対象外
PayPayステップの還元対象 〇対象 〇対象 〇対象 ✕対象外
PayPayキャンペーンの還元対象 〇対象 〇対象 〇対象 ✕対象外(キャンペーンによって異なる)

利用するカードと審査期間

PayPayあと払いは、バーチャルカードを発行して利用するため、審査が必要になります。

ですが、申込と審査で合計7分程度で、審査に通過すればすぐに利用できます。

※バーチャルカード発行時に同時にプラスチックのPayPayカードを発行できます。

チャージについて

PayPay残高で支払う時以外は、チャージなしで利用できます。

現在は、PayPayカード(ヤフーカード)を含めて、クレジットカードからPayPay残高にチャージする機能はありません(使えません)。

PayPayあと払いとクレジットカードは同じような支払い方ができますが、PayPayあと払いは下図のようにPayPay残高にチャージして支払うまでを自動で処理しています。

出典:PayPay

使える場所

どの支払い方法でも、街のお店で支払うことができます。

一方、オンラインサービスでネット決済する時は、PayPay残高、またはPayPayあと払いになります。

PayPayステップのカウントや還元対象

他社カードを設定した支払い以外は、PayPayステップのカウント対象になります。

同じく、他社カードを設定した支払い以外は、PayPayステップの還元対象です。

PayPayカード(ヤフーカード)をクレジットカード単体で使った場合は、PayPayステップのカウントや還元対象にはならないので注意しましょう。

PayPayキャンペーンの還元対象

基本的に、他社カードを設定した支払い以外は、PayPayキャンペーン対象になります。

詳細は各キャンペーンページで確認が必要です。

PayPayポイントは併用できない

PayPayあと払いは、PayPayポイントと併用ができません。

PayPayあと払いで支払う時は、PayPayあと払いのみで全額支払いになります。

PayPayあと払いの申請手順

PayPayあと払いの申請は、アプリを起動して「あと払い」ボタンをタップすると申請画面に移動します。

【PayPayあと払い】アプリを起動して「あと払い」ボタンをタップすると申請ができる

事前に運転免許証と利用料金を支払う金融機関のキャッシュカードなどがあるとスムーズに申込を進められます。

また、PayPayカードやヤフーカードが手元にある場合は、その情報を使って登録できます。

PayPayあと払いを新規で申請する方法

  • 名前、住所、勤務先などの情報を入力し、利用料金支払い用の金融機関口座を登録する
  • 審査が完了するとバーチャルカードが発行される
PayPayカードを設定している人がPayPayあと払いに変更すると、PayPayカードでのチャージや支払い方法が「PayPayあと払い」に変更されます。

PayPayあと払いを使った支払い方

PayPayあと払いを申請して、審査が通ったら「PayPayあと払い」が使えます。

PayPayアプリを起動して「ボタンを使って切り替える」と、ホーム画面のバーコードとQRコードを使って支払うことができます。

【PayPayあと払いで支払う方法】ボタンで切り替えて支払う

もしくは、アプリ下部の「支払う」ボタンをタップし次の支払い画面で「PayPayあと払い」を選択してから、バーコードやQRコードで決済します。

【PayPayあと払いで支払う方法】支払う画面を開いてPayPayあと払いを選択して支払う

PayPayあと払いのメリット・デメリット

PayPayあと払いのメリットは、街のお店でもネット決済でもチャージが不要になったことです。

特に、ネット決済ではPayPayカード(ヤフーカード)からのチャージなしで利用できるので、チャージの時間を省略して商品やサービスを購入できます。

デメリットとしては、審査に通過しないと使えません。

また、すでにPayPayカードを使って利用している人は設定変更が必要なので多少の手間がかかります。

なお、ヤフーカードを登録している人は、PayPayあと払いに変更することで、キャンペーンで追加のポイント還元がもらえます。

出典:PayPay

【まとめ】PayPayあと払い

現在、PayPayカード(ヤフーカード)をPayPayに登録することができなくなっており、クレジットカードを介した支払いは他社カードしかできません。

ですが、他社カードを使うとPayPayステップやPayPayキャンペーンの対象になりません。

そのかわりになるのが「PayPayあと払い」です。

PayPayあと払いは、バーチャルカードを発行して使います。

すでにPayPayカードを持っている人はその情報を使ってバーチャルカードを発行でき、まだ持っていない人は7分程度で発行できます。

「PayPayあと払い」ではクレジットカードを設定してPayPayで支払う時と同じことができ、PayPayステップやPayPayキャンペーンの対象にもなります。