Uber Eats(ウーバーイーツ)でPayPay(ペイペイ)は使える。ミニアプリで簡単に支払いができる!

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

何かと話題になるデリバリーサービスのUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、2021年5月現在、PayPay(ペイペイ)を使って支払うことができます。

2020年5月4日から各エリアで順次利用開始がスタートし、ほぼ全エリアでPayPayでの支払いが可能となっています。

また、PayPayをインストールしていれば、注文から支払いまでを「PayPayミニアプリ」を使って完了できます。

PayPayミニアプリからの使い方やその他の支払い方法を紹介します。

Uber Eatsの代金をPayPayで支払う方法

Uber Eatsの代金をPayPayで支払う方法は、大きく分けて2つあります。

  • PayPayミニアプリを使う方法
  • Uber EatsアプリにPayPayを設定する方法

まずは、PayPayミニアプリを使う方法から紹介します。

PayPayミニアプリを使う方法

  • PayPayアプリを起動してメニューにある「Uber Eats」アイコンをタップ
  • 情報提供に関する規約を確認・同意してアプリを連携
  • Uber Eatsの画面に移動するので配達先を設定
  • 料理を選択してカートに追加
  • 「ご注文内容の確認」で注文内容を確認して「お会計」に進む
  • 受け取り方法や支払いにPayPayが設定されているのを確認し「注文確定」をタップ
  • 遷移した画面上で配達ステータスを確認

以上がPayPayミニアプリを使った注文方法です。

PayPayミニアプリを使った場合の注意点

PayPayミニアプリからは配達パートナーに連絡を取ることはできないので注意が必要です。

Uber EatsアプリにPayPayを設定する方法

もう一つの方法は、PayPayではなくUber Eatsアプリに支払い方法を追加します。

  • Uber Eatsアプリをを起動して「アカウント」をタップ
  • 「Wallet」をタップして「お支払い方法を追加」をタップ
  • さらに支払い方法の一覧から「PayPay」をタップ
  • 「続行」して完了

あとは実際にUber Eatsアプリで注文代金を支払う時に、金額承認のためPayPayアプリが起動します。

※Andoroid端末とiPhoneで多少違うかもしれません。

支払い方法からPayPayを削除したい場合

Uber Eatsアプリの「アカウント」>「Wallet」を開いて、支払い方法に表示されているPayPayをタップします。

右上のメニューをタップすると「削除」ボタンが表示されるのでタップすると削除完了です。

PayPayで支払う前にチャージ

PayPay残高が不足している場合、チャージを行う必要があります。

支払い前に残高を確認して、不足している場合はチャージしておきましょう。

Uber EatsではLINE Payが使える

Uber EatsでPayPayの他、LINE Pay(ラインペイ)も支払い方法として使えます。

Uber Eatsではクレジットカードが使える

UberEatsでは下記のブランドのクレジットカードが利用できます。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • アメックス
  • ダイナースクラブ

楽天カードやイオンカードなども上記のブランドであれば使えます。

またデビットカードでも支払いができます。

Uber EatsではApple Payが使える

iPhoneの場合はApple Payを使って支払うことができます。

今のところApple Pay以外の電子マネーはできないないようです。交通系ICのSuica、iDや楽天Edyなどは利用できません。

UberEats(ウーバーイーツ)のスマホQRコード決済 導入状況


PayPay
d払い
d払い
au Pay
au Pay
楽天ペイ
楽天ペイ

LINE Pay

メルペイ
○使える ×使えない ×使えない ×使えない ○使える ×使えない
Close Menu