ENEOS(エネオス)で楽天ペイは使えない。利用可能な支払い方法は?【お得な決済方法を紹介】

  • 公開日:
  • 更新日:
ENEOS(エネオス)で楽天ペイは使えない。利用可能な支払い方法は?【お得な決済方法を紹介】

ENEOS(エネオス)で楽天ペイは使えない

ガソリンスタンドのENEOS(エネオス)で楽天ペイは使えません。

ENEOS(エネオス)で使えるQRコード決済は?

ENEOS(エネオス)ではQRコード決済は利用できません。

PayPay(ペイペイ) ✕使えない
d払い ✕使えない
au PAY ✕使えない
楽天ペイ ✕使えない
LINE Pay ✕使えない
メルペイ ✕使えない

ENEOS(エネオス)で使えるキャッシュレス決済は?

ENEOS(エネオス)で使えるキャッシュレス決済には下記のものがあります。

ENEOS(エネオス)で使えるキャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • ENEOSキャッシュ
  • ENEOSプリカ
  • EneKey

ENEOS(エネオス)でクレジットカードが使える

ENEOS(エネオス)では、各種クレジットカードが利用できます。

ENEOSカード(C・P・S、NICOS)や特別提携カードには、値引きやポイントアップなどの特典があります(後述)。

ENEOS(エネオス)で電子マネーが使える

交通系電子マネー(Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)、iD、QUICPay、楽天Edy、nanaco、Apple Payを使って支払うことができます。

メルペイは、iD連携することでiDを使って間接的に支払うことができます。

ENEOSキャッシュ

ENEOSキャッシュは、現金用のカードで現金で給油する時に提示すると、会員価格で給油できます。

ENEOSキャッシュの特典は、運営者やサービスステーションが独自に設定しているもので、主に会員価格で給油できる特典が多いです。

ENEOSプリカ

ENEOSプリカは、プリペイド式のカードで「5,000円、10,000円」があります。

ギフト用には、500円、1,000円、3,000円、5,000円、10,000円があり、給油以外にもセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、デニーズ、マツモトキヨシなどで利用できます。

EneKey

EneKeyは、入会金、年会費無料のキーホルダータイプの機器で、リーダーにタッチするだけで支払いができます。

手持ちのクレジットカードやENEOSカードを設定して利用でき、ポイントカードの紐づけもできる便利なキャッシュレス決済です。

ENEOS(エネオス)でポイントカードが使える

ENEOS(エネオス)では、Tポイントカード、楽天ポイントカード、dポイントカードが使えます。

給油前にポイントカードをスタッフに提示するか、セルフ式のサービスステーションの場合は、画面の指示にしたがって利用します。

ポイントがたまる条件

  • 給油(燃料油)の利用では、2Lにつき1ポイントたまります。
  • 燃料油以外(洗車等)の利用では、200円につき1ポイントたまります。

たまったポイントは、1ポイント1円として利用できます。

ENEOS(エネオス)でお得な支払い方法

ENEOS(エネオス)でお得で便利な支払い方法は、EneKeyにENEOSカードとポイントカードを設定して利用する方法です。

ENEOS(エネオス)カードの違い

ENEOSカードには、C、P、Sの3種類があるので、どれに設定するか悩むと思います。

それぞれの違いを比較したのが下記の表です。

ENEOSカード・C ENEOSカード・P ENEOSカード・S
年会費 税込1,375円(初年度無料) 税込1,375円(初年度無料) 税込1,375円(初年度無料)
※年1回以上利用で年会費無料
特長 キャッシュバック ポイント還元 キャッシュバック+ポイント還元
特典
  • カード利用金額に応じてガソリン・軽油を最大7円/L引き
  • 灯油は1円/L引き
  • ENEOSでのカード利用で3%還元(1,000円で30ポイント)
  • ENEOS以外でのカード利用で0.6%還元(1,000円で6ポイント)
  • ガソリン・軽油は2円/L引き(固定)
  • 灯油は1円/L引き
  • ENEOSでのカード利用で2%還元(1,000円で20ポイント)
  • ENEOS以外でのカード利用で0.6%還元(1,000円で6ポイント)
キャッシュバック金額とポイント還元率
キャッシュバック金額 ※後述の表を参照 ※後述の表を参照
ポイント還元率 ENEOS:3%
ENEOS以外:0.6%
ENEOS:2%
ENEOS以外:0.6%

ENEOSカード・Sのみ、年1回以上の利用(Apple Pay・QUICPay・ETC含む)で次年度の年会費が無料になります。

ENEOSカード・Cは、カードの利用金額に応じて最大7円/L引きになります。利用金額と割引金額は下記のようになっています。

※7万円以上の利用は、ENEOSのサービスステーション利用だけでは難しいので、ENEOS以外(ショッピングなど)でのカード利用も必要になってきます。

カード利用金額/月 請求時の値引き単価
7万円以上 7円/L引き
5万円~7万円未満 5円/L引き
2万円~5万円未満 4円/L引き
1万円~2万円未満 2円/L引き
1万円未満 1円/L引き

下記の表は2~7円引きが適用された時のENEOSカード・CやSのキャッシュバック金額の目安です。

ENEOSカード・Cは、年会費がかかるので、下の表の赤字程度のガソリン給油をすれば、キャッシュバックで相殺できます。ですが、それぞれの値引きを受けるには、上の表で示した金額分のENEOSカード利用が必要です。

ガソリン給油量 キャッシュバック金額/年
2円引き 4円引き 5円引き 7円引き
20L/月 480円 960円 1200円 1680円
30L/月 720円 1440円 1800円 2520円
40L/月 960円 1920円 2400円 3360円
60L/月 1440円 2880円 3600円 5040円
80L/月 1920円 3840円 4800円 6720円
100L/月 2400円 4800円 6000円 8400円
150L/月 3600円 7200円 9000円 12600円

なお、ENEOSカード・Cの値引き単価が適用されるのは、本人・家族カードでのガソリン・軽油の利用の合算で、毎月150Lまでなのでややお得感に欠けます。

おすすめのENEOSカードはどれ?

結局どのカードがよいかというと、年会費とガソリン給油から考えると「ENEOSカード・S」です。

もし、よく車にのる人であれば「ENEOSカード・P」も選択肢になりますが、年会費がかかるので注意が必要です。

ENEOSカード・PとSにはポイント還元がついていますが、ENEOS以外では0.6%還元(1,000円で6ポイント)で、ほとんとポイントがつきません。

そのためENEOS以外(ショッピングなど)ではポイント1%還元以上の別のカードを利用した方がお得です。

特別提携カードなら通常より多くポイントがたまる

ENEOSには、ENEOSカード以外に特別提携カードがあり、そのクレジットカードを使えば通常よりも多くポイントをためることができます。

あたらしくカードを作りたくない場合はこちらの利用もおすすめです。

※ただしポイントカードとの併用はできません。

特別提携カードのうち特典があるカード

  • 楽天カード(ポイント最大1.5倍)
  • dカード(ポイント最大1.5倍)
  • TS CUBICカード(ポイント最大1.5倍)
  • JALカード(マイル最大2倍)
  • ビューカード(ポイント2倍)
  • レクサスカード(ポイント最大1.5倍、ガソリン3%引き)
  • セブンカード(ポイント2倍)

ENEOS(エネオス)のスマホQRコード決済 導入状況

PayPay(ペイペイ)
PayPay
d払い(ドコモ払い)
d払い
au PAY(auペイ)
au PAY
楽天ペイ(RPay)
楽天ペイ
LINEペイ
LINE Pay
メルペイ
メルペイ
✕使えない ✕使えない ✕使えない ✕使えない ✕使えない ✕使えない

画像出典:ENEOS