ジーキャッシュ財団とパリティ・テクノロジーズ セキュリティを向上させた新クライアントを公開

Zebra-parity-zcash

ゼロ知識証明により匿名性を保持しながらも監査の為に取引情報を「ユーザーの意思で」開示する事が出来る、という特徴を持つ匿名仮想通貨「Zcash」(ジーキャッシュ)。
その選択的情報開示の特徴と、アメリカ各地の法執行機関と情報交換を頻繁に行っている事からニューヨークの「ビットライセンス」下で運営されているGeminiといった取引所でも取り扱われる、いわばアメリカ政府のお墨付きをもらっている匿名通貨です。

先日17日、そのジーキャッシュ普及を進めている非営利団体「ジーキャッシュ財団」(財団)が、ブロックチェーンクライアントやウォレット開発をおこなっているスタートアップ企業「パリティ・テクノロジーズ」(パリティ)と提携し、ジーキャッシュ用クライアント「ゼブラ」を公開したと発表しました。

News Releases:Parity Releases Zebra, the First Alternative Zcash Client, to the Zcash Foundation
News Releases:Parity Releases Zebra, the First Alternative Zcash Client, to the Zcash Foundation

発表によると開発の目的は、既存のクライアント「ジーキャッシュディ」で問題が発生した場合の問題切り分けによる解決迅速化と、冗長性を提供することでジーキャッシュネットワーク全体のセキュリティ向上をはかるため、との事です。
またより多くの開発者に参加を促すため、動作環境は主要OSであるWindows以外にもmacOSやリナックスをサポートし、オープンソースソフトウェアとしてGitHubで公開しています。
将来的にはパリティがスイスのWeb3 Foundation(Web3)と共に開発を進めている「Polkadot」と提携することも目的にしている、とのことです。

zebra
zebra

「Polkadot」は異なるブロックチェーン間の橋渡しとなりトランザクション可能にすること、それぞれのブロックチェーンが持つ特色をセキュアに利用可能にすること、Dappsの生態系を構築するための基盤となるサービスネットワークになることを目指して、2017年からWeb3が開発を進めているプロジェクトです。

Polkadot
Polkadot

財団によると、ジーキャッシュが持っている匿名性などの機能を他のアプリケーションでも簡単に使えるようにして、ブロックチェーンを利用したサービスのプライバシー保護を促進することを目指しているとのことです。

Zcash Foundation Blog:Press Release: Announcing a Partnership with Parity Technologies
Zcash Foundation Blog:Press Release: Announcing a Partnership with Parity Technologies

今回の発表の背景について

現在、南米などでプライバシー保護や政治権力に対しての独立という点から仮想通貨の利用が活発化してきているとNEWSBTCで報じています。

NEWSBTC:Bitcoin Trading Volume Skyrockets in Latin America, Value Hits ATH in Argentina
NEWSBTC:Bitcoin Trading Volume Skyrockets in Latin America, Value Hits ATH in Argentina

また連日、中国政府の圧力に対する市民の連帯が報じられている香港でも、同じ理由から資産を仮想通貨へ移す動きがみられると総合投資プラットフォームeToroのシニアアナリスト Mati Greenspan氏が指摘しています。

この他にもプライバシーの懸念から、日本のSuicaなどでも使われているFelica規格を導入した電子決済サービス「八達通」(オクトパス)の利用をやめる動きが香港で起きている事をAFPBB Newsが報じています。

AFP BBNEWS:香港デモ、参加者は「デジタル断ち」 当局の追跡警戒 「新疆化」恐れる声も
AFP BBNEWS:香港デモ、参加者は「デジタル断ち」 当局の追跡警戒 「新疆化」恐れる声も

今回このタイミングでの発表は、政治とプライバシーが注目を集めつつある世界的な情勢が多分に影響していると思われます。

ジーキャッシュ財団(Zcash Foundation)とは
公共の利益のために、インターネットでの決済など金融のプライバシー保護に焦点を当て、基盤を築くために活動している非営利団体。
ジーキャッシュのプロトコル開発・サポートや、ジーキャッシュ以外の通貨やアプリケーションへの暗号技術のサポートなども行っている。
パリティ・テクノロジーズ(Parity Technologies)とは
イーサリアムの開発にも参加していたギャビン・ウッド氏と、ユッタ・シュタイナー博士が共同で2015年設立したブロックチェーンスタートアップ企業。
イーサリアム用クライアント「パリティ・イーサリアム」やウォレット「マルチシグ・ウォレット」を過去に開発している。
ビットライセンス(Bit License)とは
アメリカ・ニューヨーク州で2015年に施行された法律で、仮想通貨事業を行う為のライセンスの役割を担っている。
取引所等の両替サービス、ウォレット等の送受金運営サービス、仮想通貨の操作、管理や発行(新仮想通貨等の)のサービスを行う場合に必要なライセンスのこと。

[参考]
・Parity News Releases Jun 17, 2019:Parity Releases Zebra, the First Alternative Zcash Client, to the Zcash Foundation
・Zcash Foundation Blog 2019.6.17:Zebra, the New Consensus-Compatible Zcash Node Client
・Zcash:https://z.cash/ja/
・Zcash Foundation:https://www.zfnd.org/
・Parity Technologies:https://www.parity.io/
・zebra:https://github.com/ZcashFoundation/zebra
・Polkadot:https://polkadot.network/jp/
・Zcash Foundation Blog 2018.10.30:Press Release: Announcing a Partnership with Parity Technologies
・NEWSBTC 2019.05.30:Bitcoin Trading Volume Skyrockets in Latin America, Value Hits ATH in Argentina
・AFP BBNEWS 2019.06.14:香港デモ、参加者は「デジタル断ち」 当局の追跡警戒 「新疆化」恐れる声も

Close Menu