仮想通貨取引所Zaifハッキングで67億円流出!

9月20日未明、国内の仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社は、同社が管理する仮想通貨のうちの一部が外部に不正流出させられたことが判明したと発表した。被害総額は日本円で約67億円相当で、ビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュ3つの仮想通貨がハッキングを受けたものとみられる。

これまでの経緯

9月14日 外部からの不正アクセスにより仮想通貨が不正送金される(17時~19時)
9月17日 サーバ異常検知→BTC、MONA、BCHの入出金停止→調査開始
9月18日 ハッキング被害確認→財務局へ報告、捜査当局へ被害申告
9月20日 ハッキング被害を発表(深夜2時頃)

ハッキング被害の内訳

・ビットコイン 5966BTC
・モナコイン 調査中
・ビットコインキャッシュ 調査中

被害総額は約67億円。このうち約45億円は顧客からの預かり資産で、残り約22億円が同社の資産。現在サーバ未稼働状態のため被害数量の詳細は未確定となっている。

Zaifハッキングによる世間からの声

また被害が発生することは予想していましたが、不具合発生から被害確認までの長い時間が問題ですね。
調べれば、もっと大きな被害に膨らむのではないか心配です。ビットコイン市場はもはや博打場と化しましたね。
やっぱり危ないわ。補償がしっかりしていないものには手を出せないな。
流石に今営業続けてる業者はセキュリティー対策は万全の上金融庁も認可してるのかと思ってたが違うのか
あきれるを通り越してアホ臭いな
まったく知識も興味もないもので。
今回の事件で、この間あんなふうに流出あったのに、それでもまだやってる人いたんだね、と思った。
そして私のなかでは、仮想通貨とやらは、完全に危ないものという認識になりました。
はあああああああああああああああああああ?
お客様の資産の安全を確認して1~2営業日で復旧完了するって謳っておいて今更ハッキング被害の公表ってふざけるのもいい加減にしろよ
何で17日に確認しておいてそれを言わないんだよ
2度の行政処分を受けたけど、今度はハッキング被害・・・
Zaifでの取引経験があれば、驚きよりも「ああ、ついにやったか」という感想の方が強かった。

今年1月のコインチェック事件につづく仮想通貨取引所ハッキング事件。これによる世間の仮想通貨に対するイメージダウンは計り知れない。

<参照>仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について

Close Menu