仮想通貨取引所ビットポイントがビットコインSV(BSV)を現金交付で対応を発表、取扱い可能性低い

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
仮想通貨取引所ビットポイントがビットコインSV(BSV)を現金交付で対応を発表、取扱い可能性低い

ビットポイントジャパンが、2018年11月16日にビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークしたビットコインSV(BSV)の取扱いについて、ハードフォーク時にBCHを保有していたユーザへ、現金による交付で対応すると発表した。

その理由についてビットポイントジャパンは、BSVについて慎重に検討を行った結果、将来的に取扱いとする可能性が極めて低いと結論に至ったとしている。
そのためBSVの権利を有する利用者には、BSVを交付するかわりに現金による交付を実施を行うことで決定した。

現金による交付の概要については、以下のように発表している。
交付価格、予定日などについては、市場影響を考慮し発表せず、対応については別途決定次第対象者へ報告するとしている。

国内でのBSVへの対応については、先行して3月にコインチェックが同様の対応を発表しているが、その他の昨年11月時点でビットコインキャッシュ取扱いをしていた交換業者については対応が未発表な状態が続いている。

出典:ビットポイント

【対象者】
2018年11月16日 AM2:52時点において、約定基準にてBCHを保有する利用者

【交付金額】
本告知以降、当社にて予め設定した売却期間においてBSVを売却いたします。
その売却金額を保有量に応じて、対象者で案分し交付金額を決定いたします。

※なお、交付単価及び交付予定につきましては、市況への影響を考慮し、現時点の公表は控えさせていただきます。決定次第、別途、ご報告いたします。

【注意事項】
本件対応は、「ビットポイントサービス利用約款」の規定に基づき、BSVの交付に代えて、相当額の金銭を対象のお客様に交付するものです。
市場価格から下回る価格での交付となる場合がございますので、予めご了承ください。
BCHの分岐発生以後、当社へBSVが付されたBCHを送付した方のBSVは、本件の対象外となります。

[参考:]
BCHの分岐により発生したBSVの取扱いについて

Close Menu