ブロックチェーンが米国安全保障「最大の脅威」となる!?

ブロックチェーンに関するニュースが日々数多く世界を駆け巡っています。そんな数あるブロックチェーンニュースの中から厳選した記事について独自の視点で斬り込む「ブロックチェーンNEWS斬り」。ナビゲーターはこの二人。

もうい~くつ寝~る~と~お正月~♪
“ブロックチェーンおじさん”ことミトミツです。
今年も残りあとわずかとなりました。
年末も仕事きっちり“トークンレディー”のミトミザワです。

本日取り上げたブロックチェーンNEWSはこちら。

米国の安全保障にとって「最大の脅威」は「ロシア」や「気候変動」でなく「ブロックチェーン」=元CIA諜報員

CIAの元諜報員とされるアンドリュー・ブスタマンテ氏が、ブロックチェーンは米国の国家安全保障にとって最大の脅威となる「超強力なもの」だと主張。この遠まわしな表現は22日に米SNSであるRedditに投稿された。….

私の安全保障にとって最大の脅威は「鬼嫁」です。
元CIA諜報員のブスタマンテ氏が運営する諜報活動を紹介するサイトにRedditユーザーから「今後数年間の米国の国家安全保障の脅威は何か」という質問が寄せられ、ロシアでも気候変動でもイランでも北朝鮮でもなく“ブロックチェーン技術”であると答えたそうです。
さすがは元CIA諜報員。私しか気づいていなかったことに気づいてしまう人物がいたとは。
ブスタマンテ氏の回答の全文をご紹介しましょう。

「ブロックチェーン技術である。冗談ではない。これは超強力なものであり、最初にハッキング方法を見つけた者、操作できた者、あるいは機能不全にした者が勝者となる。」

まさに“ブロックチェーンを制するものが世界を制す”ということですな。
このブスタマンテ氏の発言を受けて、Redditユーザーの間ではブロックチェーンの悪用やブロックチェーンの偽造による脅威について持ち切りになっているようです。
優れた技術が生まれれば、必ずやそれを悪用する者が現れる。それは歴史が証明しています。ブロックチェーンも然り、というわけですな。
ブスタマンテ氏が感じているブロックチェーンの脅威、その裏にあるものとは何なのでしょうか?
おそらく近い将来起こり得る、ネットワークを介して軍事や行政、民間の経済やインフラ等を機能不全にする「サイバー戦争」を見越しての発言なのではないでしょうか。

ブロックチェーンがサイバー戦争の道具に・・・。年の瀬だというのに話が物騒過ぎます。ミトミツさん、私、なんだか怖くなってきました。
大丈夫。私がついてます。目には目を。歯に歯を。
ブロックチェーンにはブロックチェーンおじさんを!
意味がわかりません!もうやめさせてもらいます。「ブロックチェーンNEWS斬り」次回、“ブロックチェーンおじさんのスパイ大作戦”でお会いしましょう。

 

Close Menu