UNICEFフランスがステーブルコインDAIで基金受付

UNICEF(国際連合児童基金)フランスがステーブルコインDAIで基金の受付を開始、特設サイト「DONATE IN DAI」サイトを立ち上げました。

UNICEFフランスは2018年9月に9種類の仮想通貨での寄付受付を発表しており、基金と仮想通貨の相性の良さを以前から発信していました。

今回の「DONATE IN DAI」の焦点となっているのはオープンソースプロジェクトへのサポートです。もともとUNICEFは2016年から子供支援をテーマにしたスタートアップへ投資するイノベーションファンドを立ち上げていました。

ユニセフイノベーションファンド
2016年に開始された世界の子どもたちの生活改善につながる可能性のあるスタートアップに投資するファンド。現在42ヶ国の合計72プロジェクトに590万ドルの投資が行われている。2019年にサポートを決定した新しいプロジェクトもすでに発表済み。
FINTIDE関連記事/ブロックチェーン技術で問題解決を目指す~ユニセフ・イノベーション・ファンド~

今回のDAI受付はユニセフイノベーションファンドにつながるブロックチェーンイベントの開催や、若者の開発者向けコミュニティを構築することを目的としています。プロジェクト支援はもちろん、プロジェクトになる前のコミュニティ形成にも目が向けられています。

公式ページより

 
ブロックチェーンや仮想通貨は発展途上国の銀行口座を持たない人々にも平等に使えることからインフラや決済など様々な分野で盛んに研究が行われています。今回イーサリアムを担保としたステーブルコインDAIの受付でさらに支援への広がりが期待されています。

 

Makerから発行されるステーブルコインDai(DAI)

Close Menu