Overstockの子会社tZERO 映画「Atari:Fistful of Quarters」のトークン化でレオナルド・ディカプリオの映画製作会社をサポート

atari-bushnell

ブロックチェーン技術を使った金融技術(FinTech)の開発と商品化を目指し、オンライン小売プラットフォームOverstock.com(オーバーストック)が立ち上げたセキュリティートークンプラットフォーマーtZERO。
そのtZEROが、映画「Atari:Fistful of Quarters」の資金調達にブロックチェーン技術を使ったトークンを発行したと発表しました。

BusinessWire:tZERO Partners with Atari Movie to Tokenize First Major Motion Picture
BusinessWire:tZERO Partners with Atari Movie to Tokenize First Major Motion Picture

映画「Atari:Fistful of Quarters」は現在の家庭用ゲーム業界の礎となった伝説的企業「ATARI」が1970年代に壊れたピンボールマシンの修理からビデオゲームメーカーになるまで、創業者ノーラン・ブッシュネル氏を中心に描くとの事です。
映画の製作にはレオナルド・ディカプリオ氏の映画製作会社Appian Way Productionsと映画制作および融資会社のVision Treeが共同であたります。

ノーラン・ブッシュネル氏(Wikipediaより)
ノーラン・ブッシュネル氏(Wikipediaより)

発表によると今回ブッシュネル氏の画期的かつ革新的なキャリアを反映すべく独自の資金調達としてブロックチェーン技術を活用することをVision Treeが考案し、その「Bushnellトークン」を発行するプラットフォームとしてtZEROが選ばれた、との事です。

BushnellトークンはVision Treeによって、売却により4000万ドルを集める計画として2018年3月に発表されていました。
トークンの所有者は映画の収益の一部を受け取れるだけでなく、映画の予告編の内容についての投票や映画のキャスティングに関わる事が出来るインセンティブが与えられるとの事です。

Bushnellトークン(Vision Treeが2018年に立ち上げたページ)
Bushnellトークン(Vision Treeが2018年に立ち上げたページ)

今回の発表についてtZEROのCEO、Saum Noursalehi氏は次のように述べています。

私たちの目標はブロックチェーンテクノロジを資本市場や、私たちが構築したプラットフォームから恩恵を受けることができるすべての業界に適用することです。
今回参加したAtariに関する映画は、映画業界のトークン化への道をリードするのに最適なプロジェクトです。

Saum Noursalehi氏(氏のTwitterより)
Saum Noursalehi氏(氏のTwitterより)

さらにtZEROの親会社であるオーバーストックの取締役兼最高経営責任者であるPatrick M. Byrne氏は、次のように付け加えています。

私たちはハリウッドの伝統を解析し、進出するためのクオリティを持ったチームを探していました。
今回このプロジェクトに参加したチームはまさに打って付けであり、私たちはtZEROの積み重ねてきた成果を映画業界にもたらすことに興奮しています。

Patrick Byrne氏(氏のTwitterより)
Patrick Byrne氏(氏のTwitterより)

Vision Treeの共同創設者であるJD Seraphine氏は次のように述べています。

Saum、Patrick、その他のtZEROファミリーと話し合った結果、彼らこそがAtariの映画トークンを開発する最良のチームであることがすぐに分かりました。

JD Seraphine氏(氏のLinkedInより)
JD Seraphine氏(氏のLinkedInより)

さらにVision Treeの共同創設者、Benjamin Gerry氏は次のように付け加えています。

Atariの映画をトークン化するという今回のメディアプロジェクトが、後続の人々に対して模範となれるような新たな道を切り開くための適切なパートナーを探していました。
そのためにこの分野に関するすべての大手企業を詳しく調べ、結果大変長い時間がかかりました。
今回、このエキサイティングな取り組みについてtZEROとコラボレートできたことを大変嬉しく思います。

Benjamin Gerry氏(VISION TREEより)
Benjamin Gerry氏(VISION TREEより)

近年ハリウッドでは映画資金を得る為に作品をトークン化等、ブロックチェーンや仮想通貨業界とコラボレーションするケースが見られるようになっています。

今年1月に行われたサンダンスフィルムフェスティバルでは、ブロックチェーンプラットフォームNASGOのFilmCoinによってトークン化された映画「Dirt Merchants」が上映され、5月にはマーベルスタジオ創設に関わった有名映画プロデューサーRyan Kavanaugh氏が立ち上げた仮想通貨プロジェクトProxicoinが1億ドルの資金を獲得して大きなニュースになりました。
その他にもジョニー・デップ氏がブロックチェーンプラットフォームTaTaTuとパートナーシップを締結し、そのTaTaTuから支援を得た映画「Waiting for the Barbarians」が現在制作中です。

仮想通貨やブロックチェーン業界とハリウッドとのコラボはまだまだ続きそうです。

・BusinessWire news July 09, 2019:tZERO Partners with Atari Movie to Tokenize First Major Motion Picture
・tZERO:https://www.tzero.com/
・VISION TREE:http://visiontree.co/
・Overstock.com:https://www.overstock.com/
・ATARI MOVIE(2018年にVision Treeが立ち上げたページ):http://atarimovie.co/
・BusinessWire news January 22, 2019:NASGO Launches ‘FilmCoin’ Tokenization via Blockchain for Films and Producers at Sundance Film Festival 2019
・THE Hollywood REPORTER 5/3/2019:First Look: Johnny Depp as Colonial Oppressor in ‘Waiting for the Barbarians’ (Exclusive)

Close Menu