米オーバーストックの仮想通貨部門tZEROがスマホアプリのアンドロイド版発売|通貨の購入、販売、保管が可能

米NASDAQ上場企業オーバーストックが手掛けるセキュリティートークンプラットフォームのtZEROは、モバイルアプリ「tZERO Crypto App」のアンドロイド版をリリースしたと発表した。そのアプリを通じてスマートフォンで直接デジタル通貨を購入、販売、保管することができる。

「tZERO Crypto App」はビットコインとイーサリアムを取り扱い、これらの通貨を長期保有することを念頭に作成されている。将来は取り扱い通貨を増やしていく予定と発表した。アプリではコンプライアンスと安全性を重視し、セキュリティを高めるため生体認証を採用している。またユーザーがスマートフォンを紛失した場合に備え、独自の秘密鍵回復システムも搭載している。

セキュリティートークンプラットフォームとして注目を集めているtZEROは、2014年に仮想通貨事業に積極的なオーバーストックによって設立された。プロジェクトも順調に進んでおり、今月にはレオナルド・ディカプリオ氏が手掛ける映画製作を融資会社と協力しトークン化しプロジェクト進行を行っている。発行されたそのトークンを持つ株主は映画公開による収益を一部を分配される予定になっている。

「tZERO」とは
今年1月に正式にサービスを開始した「tZERO」は、セキュリティトークンを発行、およびその後の取引などを行うトークンに関する総合プラットフォーム。取引所としての機能も有していることから、その他のセキュリティトークンプラットフォームから発行されたトークンも売買が可能な特徴を持っている。overstock.comの子会社でブロックチェーン投資専門のMedici Venturesを通じて開発されている。

overstock.comとは
米NASDAQ上場企業でアウトレット商品をオンラインで幅広く取り扱っている小売総合サイト。2014年に大手企業で初めてビットコイン支払いを受付開始した。その後もブロックチェーン関連技術へ投資を積極的に行っており、子会社のMEDICI Venturesを通じてSTOプラットフォームのtZEROや決済アプリbittなどを開発している。2019年1月4日には全米で初めてビットコイン納税を行うと発表した。

参考:tZERO Crypto App Now Available On Android

Close Menu