ブロックチェーンを利用したデジタル広告効率化の実証実験にマクドナルドなどが参加

mcdonalds

インターネット広告などのデジタル広告に対する信頼と透明性を高めるため、標準規格確立を目的として設立されたWeb標準化企業団体(Joint Industry Committee for Web Standards:JICWEBS)。
そのJICWEBSが主導するブロックチェーン技術の実証実験にマクドナルド、ネスレ、ヴァージンメディア(ヴァージンレコードなどで有名なヴァージングループの1つ)が参加するとヨーロッパのマーケティング業界誌The Drumが報じています。

The Drum:McDonald’s, Nestle and Virgin Media trial blockchain in media buys
The Drum:McDonald’s, Nestle and Virgin Media trial blockchain in media buys

JICWEBSによると今回行われる実証実験では、デジタル広告に関するすべての工程と広告費用の透明性向上にブロックチェーンや分散元帳テクノロジー(DLT)がどう影響し役立つかを計測・評価します。
実証実験はロンドンを拠点とするブロックチェーンプラットフォームのfiduciaと提携して今年末まで段階を踏んで行う予定で、最初の段階ではブロックチェーンが広告にどのように影響するかを確認、最終的には関係者全員の工程を最適化し、運用効率向上の為にブロックチェーンをどう使うべきかについても検討する予定となっています。
またプロジェクトが進行し、工程の最適化が完了するとJICWEBSによって追加の参加者が発表されます。

fiducia
fiducia

今回のプログラム参加についてマクドナルドのKat Howcroftシニアメディアおよびバジェットマネージャは次のように述べています。

ブロックチェーン技術は、デジタル広告業界への投資に値する高い透明性をもたらします。
今回のプログラムを通じて、投資に対して効果的な利益と効率に繋がる理解が得られることを望んでいます。

デジタル広告にブロックチェーン技術を活用する取り組みについては近年様々な企業で進んでおり、市場規模が2017年以降で16倍と急速に成長しているとの報告があります。

Venture Beat:Blockchain marketing tech
Venture Beat:Blockchain marketing tech landscape grows 13x in 18 months

その一方でFirefoxやBraveなどといったブラウザ自体がデジタル広告を表示しない、ユーザー情報を渡さない仕組みを構築するといったデジタル広告業界とは別の動きもあります。

今回のプログラムがデジタル広告の今後にどう影響するか、今後どのような企業が参加するのか注目です。

[参考]
・The Drum NEWS 16 July 2019:McDonald’s, Nestle and Virgin Media trial blockchain in media buys
・Joint Industry Committee for Web Standards(JICWEBS):https://jicwebs.org/
・fiducia:https://www.fiducia.eco/
・Venture Beat February 16, 2019:Blockchain marketing tech landscape grows 13x in 18 months

Close Menu