東急 11月13日オープンの南町田グランベリーパークでキャッシュレス化を促進

鉄道や百貨店などを運営している東急株式会社(東急)は、「南町田グランベリーパーク(グランベリーパーク)」を明日オープンさせる。そして「グランベリーパーク」ならではの取り組みの一つに、国内外からの利用客の利便性向上から「キャッシュレス化の促進」をあげている。
南町田グランベリーパーク2019年11月13日(水)開業

東急では11月13日の開業日からキャッシュレス決済の「楽天ペイ(アプリ決済)」、「PayPay(ペイペイ)」、「d払い」に加えて、JCBの異なるコード決済を統一するコード決済スキーム「Smart Code」によりSmart Code導入事業者(メルペイなど)が利用出来るとしている。なお、12月からは「Alipay(アリペイ)」と「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」も利用可能になるとしている。
JCB「Smart Code」

また、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーカードを利用してグランベリーパークを訪れ、利用した交通系電子マネーカードを施設に設置の専用端末にタッチすると、パーク内のお店で使えるクーポンが貰える「タッチでクーポン berry TOUCH」などの「南町田グランベリーパークには電車で行こう」キャンペーンを行うとしている。
タッチでクーポン berry TOUCH

Smart Codeとは?
クレジットカードのJCBが提供する決済システムで、導入することで店舗側は複数のキャッシュレス決済をまとめて導入することができる。決済方法はユーザーがQRコードやバーコードを提示し、店舗側が読み込む方法が採用されている。

[参考]
(PDF)東急株式会社「グランベリーパーク2019年11月13日(水)開業!」
「南町田グランベリーパークには電車で行こう」キャンペーン
JCB「コード決済 Smart Code(スマートコード)」

Close Menu