フェイスブック、条件付きで仮想通貨広告を再び許可する方針へ

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
FACEBOOK

米国交流サイト大手のフェイスブック(FB)は26日、条件付きで仮想通貨広告を再び許可する方針を発表しました。

updates-to-our-prohibited-financial-products-and-services-policy

FBは今年1月には、「バイナリオプション、ICO、暗号通貨」など、詐欺行為を助長する恐れのあるサービスの宣伝をする広告を禁止する」という方針を発表していた
FBは今年1月の方針について、1月のポリシーは意図的に広範囲をカバーさせるものとしたとしている。

発表によるとFBは、「6月26日より、事前に申請承認された広告主からの仮想通貨や関連コンテンツに関する広告を許可します」としている。しかし、独自の仮想通貨を発行し資金調達をする「ICO」と、外国為替相場の値動きを予想して投資する「バイナリーオプション」の広告については引き続き禁止するとしている。

 更新されたポリシーにおいて、仮想通貨に関する広告を掲載したい広告主は、取得したライセンス、公的な証券取引所で取引されているかどうか、その他のビジネス上の関連する公的な背景を含め、適正を評価するのに必要な申請書を提出する必要があるとしている。

またFBはこのような制限を求めれば誰もが広告を掲載できるものではないとし、フィードバックを聞き取り、ポリシーがどの程度うまく機能するかを見つつ、必要に応じて時間をかけてポリシーを修正するとしている。

Close Menu