第7回アフリカ開発会議にてアフリカ発のスタートアップ3社が受賞

ticad-seven-yokohama

先月の8月28日から30日まで横浜で開催された「第7回アフリカ開発会議」(TICAD 7)の公式サイトイベント「アフリカ・日本スタートアップピッチ」で、そのイノベーションなどを評価されたアフリカ発のスタートアップ3社に対して賞金が授与されたことを日本貿易振興機構(JETRO)が発表した。

JETRO:日・アフリカのスタートアップ、テクノロジーを活用した社会課題解決策を競う(日本、アフリカ)
JETRO:日・アフリカのスタートアップ、テクノロジーを活用した社会課題解決策を競う(日本、アフリカ)

TICADはアフリカの開発をテーマに日本政府主催で3年毎に行われる国際会議で、7回目を迎えた今年は横浜で開催された。そして「アフリカ・日本スタートアップピッチ」では、アフリカの各種問題の解決策を有するスタートアップを日本企業などに紹介することを目的に、JETROと国際協力機構(JICA)、および国連開発計画(UNDP)の主催で8月30日に開催された。

JETRO:アフリカ・日本 スタートアップピッチ イノベーション推進&パートナー発掘
JETRO:アフリカ・日本 スタートアップピッチ
イノベーション推進&パートナー発掘

発表ではアフリカ企業17社と日本企業7社が事業紹介を行い、その中からアフリカ発のスタートアップであるモロッコのCasky、ガーナのHealth Direct Global、エジプトのChefaaの3社に対してに協賛企業から賞金などが授与されたとしている。

「アフリカ・日本スタートアップピッチ」の登壇企業と審査員ら(JETROより)
「アフリカ・日本スタートアップピッチ」の登壇企業と審査員ら(JETROより)

Caskyは、バイク運転時に後続へ進行方向を知らせるだけでなくトラッキングシステムによって取得した道路情報を運転手に知らせたり、事故発生時には自動であらかじめ登録された家族や医療機関への連絡まで行える多機能かつ安価なヘルメット装着用IoTデバイスを提供している。受賞理由は日本でも活用出来そうな点や、シンプルなビジネスモデルとビッグデータを活用したビジネスの有望性が評価され、賞金5,000ドルの丸紅賞が授与された。

Casky
Casky

Health Direct Globalは指紋などの生体情報をベースにした電子健康記録を活用して、リアルタイムで医療機関と患者をマッチングさせるオンデマンドの総合医療プラットフォームと、ブロックチェーンベースの支払いインフラストラクチャを提供している。こちらはPwC賞を受賞して賞金30万円と、11月末に南アフリカ共和国で開催予定のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)主催スモールピッチセッションへの参加権および宿泊を含む往復航空券が授与された。

Health Direct Global
Health Direct Global

Chefaaは、GPSとリアルタイム検索エンジンを備えたモバイルアプリによって処方箋の送付から注文、在庫検索ができるメディカルプラットフォームを提供している。こちらはAAIC賞を受賞し、イベント協賛企業のAAICから1年間の無料アドバイザリーサービスに加えてAAICによる出資を検討することが確約された。

Chefaa
Chefaa

JETROやUNDPと共にイベントを主催したJICAによれば、登壇終了後にはその企業と参加者のネットワーキングの場が設けられ、商談や連携の協議には多くの参加者が詰めかけるなど想定以上の反響があったとしている。

JICA:アフリカ・日本スタートアップ・ピッチ-イノベーション推進&パートナー発掘-
JICA:アフリカ・日本スタートアップ・ピッチ-イノベーション推進&パートナー発掘-

[参考]
・JETRO ビジネス短信 アフリカ 2019年9月6日:日・アフリカのスタートアップ、テクノロジーを活用した社会課題解決策を競う(日本、アフリカ)
・JICA ニュースリリース 2019年9月5日 第7回アフリカ開発会議(TICAD7)開催報告3-JICA主催のサイドイベント(PDF):アフリカ・日本スタートアップ・ピッチ-イノベーション推進&パートナー発掘-
・Casky:http://www.casky.io/uk
・Health Direct Global:http://healthdirectglobal.com/healthDirect/index.html
・Chefaa:https://www.chefaa.com/

関連ワード:ブロックチェーン
Close Menu