「Suica」への仮想通貨によるチャージサービスをディーカレットとJR東日本が検討中

Suica DeCurret

JR東日本が出資している株式会社ディーカレットが、今月25日に仮想通貨交換業を取得したのに続いてSuicaを含む電子マネーに仮想通貨でのチャージを検討中とのテレビによる報道がありました。

テレ朝News「仮想通貨で「スイカ」等チャージ 初のサービス検討」
テレ朝News「仮想通貨で「スイカ」等チャージ 初のサービス検討」

その後の報道によると都内で関係者向けに開催された事業説明会で、ディーカレット社長の時田 一広氏は「現時点で具体的な計画は無い」と説明、一方で出資を行っている東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)常務執行役員の野口 忍氏はビデオスピーチで「デジタル通貨からSuicaへのチャージを最初のユースケースとして、一緒に検討させていただければ」と前向きなコメントをしています。

Suicaは2018年度発行枚数が七千万以上のメジャー電子マネーであり、そこへの対応は仮想通貨に馴染みの無い層やユースケース拡大を図る仮想通貨業界に対してインパクトがあります。

ただ近年の仮想通貨に関係した世界的なハッキングの脅威を考えると、Suicaは過去何度も個人情報の扱いで問題を起こしていることから不安が過ります。

果たして仮想通貨業界への福音になるのか、要注目です

[参考]
株式会社ディーカレット:https://www.decurret.com/
JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社:https://www.jreast.co.jp/

Close Menu