株式市場のプロ向けツール大手のスターリングトレーディングテックが仮想通貨取引機能を提供

現在の株式市場で機関投資家向けの取引ツールを開発するスターリングトレーディングテック(Sterling Trading Tech)が、仮想通貨取引の専門企業ボイジャー(Voyager Digital)と提携し仮想通貨取引機能をリリースすることが発表された。

スターリングトレーディングテック(Sterling Trading Tech)は機関投資家向けに取引ツールを開発する総合ソリューション企業で、世界の30カ国以上で使われている。多くのトレーダーを擁する100以上大手クライアントを持ち、現在の米国株式の5%の取引シェアを誇っている。

今回の発表ではカナダを拠点とする機関投資家向けの仮想通貨取引業者であるボイジャー(Voyager Digital)と提携し、2019年第3四半期までに仮想通貨の取引機能をリリースするとしている。

両社の代表は以下のように述べている。

Sterling Trading Tech事業開発部 Andrew Actman氏
このパートナーシップにより、私たちはトレーディングツール上に、仮想通貨の取引機能が提供できるようになります。これまで仮想通貨の取引機能に関するニーズは高まるばかりでした。ボイジャーとのパートナーシップによりそのニーズは満たされるでしょう。

Voyager CEO、Steve Ehrlich氏
デジタル資産に対する需要は高まり続けており、既存の株式市場ではあまりコストをかけずに新しい資産を取引したいという明確な要望がありました。トップレベルの取引プラットフォームであるSterling Trading Techに、デジタル資産のインフラを展開でき嬉しく思います。 Sterling Trading Techは、株式市場で使われていたユーザーインターフェースを維持しながら、機関投資家に仮想通貨の取引を提供できるようになるのです。

参考:terling Trading Tech and Voyager Partner to Offer Digital Asset Trading Capabilities

関連ワード:機関投資家
Close Menu