ICEの仮想通貨部門Bakktが予定通りユーザー受け入れテスト開始

ICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ/Intercontinental Exchange)が設立した仮想通貨取引の専門会社Bakkt(バックト)が、発表していた通り7月22日からユーザーを受け入れテストを開始した。

この受け入れテストについては5月の段階で発表されていたもので、予定通りテストが開催された。昨年サービス開始を予定していたBakktは、これまで米商品先物取引委員(CFTC)からの認可の遅れによりサービス開始を再三遅らせてきた経緯がある。

ICEはニューヨーク証券取引所をはじめ世界中の様々な取引所を有する世界有数の取引所グループで、昨年から仮想通貨専門の先物取引所Bakktを準備している。そのBakktでは既存の取引所と同等の機能を用意しており、先物取引所をはじめ、仮想通貨のカストディ機能、そして清算機能などデジタル通貨の取引に必要な各種機能を揃えている。

特に既存の取引所を運営していることから米商品先物取引委員(CFTC)からの認可を受けながらコンプライアンス重視の運用を行うことを宣言した取引所となっており、正式サービスが開始されればその信頼性から機関投資家など大口投資家からの需要が大きく発生すると見られている。

公式ホームページでは先物取引の詳細や、Bakktの概要、よくある質問などが公開されている。

参考:https://www.bakkt.com/index

Close Menu