キャッシュレスはじめてなら、現金チャージで始められるスマホ決済アプリがおすすめ

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

10月の増税から1カ月以上が経過し、スマホ決済の利用数は増加傾向にあります。キャッシュレスやスマホ決済自体がよく分からず、波に乗り遅れている人もいるかもしれません。

スマホ決済は、事前にスマートフォンにチャージしたお金を使って、QRコードやバーコードをお店でスキャンしてもらい、商品の代金などを支払う方法です。現金を持ち歩く必要がなく、財布が小銭でパンパンになることもなくなります。

「やり方が分からない、はじめてで怖い、でもお得らしいから気になる」という人は、セブン銀行ATMで現金チャージができるスマホ決済アプリがおすすめです。

セブン銀行ATMを使えるメリット・デメリット

セブン銀行ATMが利用できるスマホ決済アプリのメリットとしては、ATMがほぼ全店のセブンイレブンに設置されているため、チャージ場所で困ることがほとんどありません。

チャージ(入金)は、1,000円から可能で、店舗利用時間にもよりますが、平日・土日に関係なく、ほぼ24時間、入金手数料も無料で利用できます。

また、セブン銀行ATMを使ったチャージも簡単で、ATMの画面に表示されたQRコードをスキャンして、ATMに現金を入金することで、すぐにスマートフォンに反映されます。

デメリットは、近くにセブンイレブンがなく、チャージできない状態になることです。

この場合は、チャージできる時に一度にチャージしてしまうか、クレジットカードを登録するのも一つの方法です。

セブン銀行ATMが使えるスマホ決済アプリ

セブン銀行ATMで入金できる主なスマホ決済アプリは、「PayPay(ペイペイ)」「d払い」「LINE Pay(ラインペイ)」「au PAY(auペイ)」です。

複数のアプリを使うと、還元されるポイントも分散してしまうので、絞って利用した方が還元されたポイントを利用しやすくなります。

ちなみに、どのスマホ決済アプリも決済での使用感は同じで、使いづらいということはほとんどありません。
※Android版アプリでの筆者の使用感。

以下から、4つのスマホ決済アプリについてです。

PayPay(ペイペイ)

【キャッシュレス決済】PayPay(ペイペイ)

PayPay(ペイペイ)は、ソフトバンクのグループ3社が共同で出資しているスマホ決済サービスです。登録者数は1,900万を超えています(2019年10月末時点)。

100億円プレゼントキャンペーンなどの大規模キャンペーンが行われることで有名です。ただし、今後は以前のような誰にでも20%還元ということはやらずに、ピンポイントでの還元になっていくようです。

加盟店数は154万カ所で、PayPayに加盟している街のお店(実店舗)、コンビニなど身近なところで利用できるほか、PayPayモール(ペイペイモール)、PayPayフリマなどのオンラインショップでも利用できます。

万が一アカウントや銀行口座情報およびクレジットカード情報などが第三者に盗用されて不正利用された場合は、原則PayPayが被害額の全額を補償してくれます。

d払い

dbarai

d払いは、実店舗やネットで買物した時にdポイントがたまる・使えるドコモのスマホ決済サービスです。アプリダウンロード数は、1,000万以上となっています(2019年10月時点)。

ドコモ回線以外の人でも利用できます。ドコモ回線とそうでない人との違いは、ドコモユーザー限定キャンペーン以外ではありません

決済・ポイント利用可能箇所は122万カ所で、こちらも、コンビニなどの身近なところに加え、オンラインショップでも利用できます。

利用している端末が紛失・盗難等やdアカウントのパスワード等が第三者により不正に利用された場合は、原則全額を補償してくれます。

LINE Pay(ラインペイ)

LINE-Pay

LINE Pay(ラインペイ)は、LINEが提供するスマホ決済サービスです。国内登録ユーザー数は3,690万人で、その内本人確認を行っているユーザー数は500万人(2019年10月決算発表時)となっています。

スマートフォンでの決済以外にも、プリペイドカード式のLINE Payカードがあり、国内外のJCB加盟店約3,300万店舗(2017年3月末時点)で利用できます。

決済箇所は171万カ所(2019年7月決算発表時)で、コンビニなどの身近なところで利用できるほか、オンラインショップや映画がお得に見れる「LINE Payシネマデイ」でも利用できます。

第三者による不正行為によって損害が発生した場合は、送金・支払い・出金など全てのLINE Payサービスが補償の対象となり、損害額はLINE Payが補償してくれます。ただし、1事故あたりの補償限度額が決まっており、原則10万円となっています。

au PAY(auペイ)

【キャッシュレス決済】au PAY(エーユーペイ)

au PAY(auペイ)は、KDDIが提供するスマホ決済サービスで、ユーザー数は600万人(2019年10月5日時点)を突破しています。

2019年10月からは、au回線以外の人でも利用できるようになりました。au回線とそうでない人とでは、auスマートパスプレミアム会員(有料)になっているかどうかで違います。

スマホ決済利用箇所は100万箇所以上(2019年6月24日時点)で、コンビニなどの身近なところやオンラインショップでも利用できますが、他の3つのペイと違って、ファミリーマートでは利用できません。2019年12月3日からファミリーマートでもauペイが利用可能になります(追記:2019/11/25)。

不正利用による被害に遭った場合は、従来は個別対応で補償を実施していましたが、2019年11月5日に利用規約を改定し、被害額を原則全額補償に変更しています。

どのスマホ決済がよいのか?

スマホ決済は、オンラインでも利用できますが、「現金を持ち歩かなくてもよい」というキャッシュレスのメリットを最大限に活かすなら、実店舗での利用が重要になります。

それをふまえて、最終的に、この中から一つに絞りこむとしたら・・・

現時点では「PayPay(ペイペイ)」です。

理由は、実店舗で利用すると1.5%の利用ポイント(約67円で1ポイント、小数点以下は切り捨て)を獲得できるからです。
※PayPayは、特定サービス(オンライン決済)でも、1.0%(100円で1ポイント)の利用ポイントが付きます。

その他にも、いろいろなキャンペーンが行われているので、まず最初に入れるならPayPayがおすすめです。

なお、PayPay以外のスマホ決済を利用した時にもらえるポイントは下記の通りです。

  • d払いは、実店舗の決済では200円(税込)につき1ポイント。ネットの決済では100円(税込)につき1ポイント。
  • LINEペイは、マイカラーによって異なりますが、初めての人はホワイトバッジのため0.5%となり200円で1ポイント(少数点以下は四捨五入となる)。
  • auペイは、200円(税込)で1ポイント(au スマートパスプレミアム会員なら200円(税込)で3ポイント)。

現金をセブン銀行ATMでチャージして、実店舗で利用することだけを考えると、基本的にPayPay以外は200円で1ポイントとなるため、100円以下でも1ポイント貯まるPayPayがお得です。

ただし、各社が行っているキャンペーンやクーポンによっては、PayPay以外のスマホ決済がお得になることもあります。

その場合は、一つと言わず、複数のスマホ決済アプリをインストールして、状況に応じて使い分けるという方法もあります。

各社のキャンペーンは、キャッシュレスキャンペーン一覧で随時更新しています。

スマホ決済でキャッシュレス生活を始めるにあたり、何を入れていいか迷った時の参考にしてください。

Close Menu