【総務省】マイナンバーカードに対しマイナポイントを25%(最大5000円)還元|マイキーID発行アプリはiPhone未対応

総務省が進めるマイナンバーカードを活用した消費活性化策についての概要が明らかになった。

期間は2020年9月から2021年3月で、マイナンバーカードを発行している所有者がキャッシュレス決済を行った場合、決済額の25%を還元する施策「マイナンバーカードを活用した消費者活性化策」を行う。

還元率が大きいが1人あたりの上限が設定されており、利用額が2万円の25%で5000円が最大となっている。

この還元を受けるための条件として、マイナンバーカードを発行していること、マイキーIDを作成していること、この2点が必須となる。ただしマイキーIDの発行については、現在NFC機能がついたアンドロイド端末のみ行える状況となっており、NFC機能いわゆるおサイフケータイ機能付きではないアンドロイド端末や、iPhoneユーザーはマイキーID手続きが自身で行えない。

この辺りの登録環境の整備は今後行っていくことが予想される。

マイキーIDとは
マイナンバーカードとひも付いたアカウントIDのこと。マイナンバーの番号とは異なる、政府発行するIDとなっている。このマイキーIDと、公共施設の利用カードや商店街のポイントカード等を紐づけ、マイナンバーカード1枚で様々なサービスを受けることを想定している。

マイナポイントは各社ポイントに変換される予定

この施策では「マイナポイント」を国から付与するとされているが、実施に行われる際は利用者があらかじめ民間のキャッシュレス決済業者を1社選んでポイントを受け取る仕組みが採用される予定となっている。

要するにスイカやPayPayなどのポイント残高として受け取れる。

マイナンバーカードを活用した消費者活性化策 概要

期間: 2020年9月~2021年3月(7ヶ月間)
特典: 利用額の25%
上限: 利用額2万円、還元額最大5000円分
条件: マイナンバーカード所有、マイキーID作成、の2点
エントリー: 必須(マイキーIDと民間キャッシュレスの連携)
 連携方法1: 総務省提供の申込ページにて、民間キャッシュレスを選択し紐づけする
 連携方法2: 民間キャッシュレス企業が提供する連携ページにて、マイキーIDを入力し紐づけする

参考:総務省 マイナンバーカードを活用した消費者活性化策

Close Menu