シリンラボがスマートフォン売り上げ不振の為、従業員の25%をレイオフ

FINNEY SIRINLABS

イスラエルの経済紙GLOBESが報じたところによると去年11月、世界初のブロックチェーンスマートフォン「FINNEY」をリリースしたシリンラボが「従業員60人の25%にあたる15人をレイオフとFINNEYの開発完了、そして今後はアウトソーシングとソフトウェア開発と販売に注力することを計画している」と発表したとの事です。

GLOBES
GLOBES紙

シリンラボのモシェ・ホゲグCEOは今回の決定について「世界市場が良い状態ではない」ために想定していた売り上げに達しなかったことを理由にあげています。

モシェ・ホゲグ氏
モシェ・ホゲグ氏(モシェ・ホゲグ氏のツイッターより)

モシェ・ホゲグ氏といえば今年1月29日に来日してFINNEY日本発売発表会を開き、「FINNEYは約2万台のプレオーダーを抱えていて、年内10万台の販売を目指している」、「日本でも現在のネット販売以外にAmazonや実店舗での販売を行う予定」と話していました。

FINNEY
FINNEY(公式ネットショップより)

それから3か月も経たずに今回の発表は、目まぐるしく動く仮想通貨業界らしいとも言えます。

同じようなコンセプトのHTCの「Exodus 1」や仮想通貨ウォレットを搭載したSamsungの「GalaxyS10」といったスマートフォンが他にもありますが、今回の件がどういった影響をスマートフォン市場や仮想通貨業界に及ぼすか注目です。

[参考]
・GLOBES 15 Apr, 2019:Sirin Labs lays off 25% of workforce
・Sirin Labs:https://sirinlabs.com/
・Sirin Labs Shop(FINNEY):https://shop.sirinlabs.com/
・BUSINESS INSIDER Japan Jan. 30, 2019:10万円で国内発売、イスラエル生まれの仮想通貨スマホ「FINNEY」登場 ―― コールドウォレット搭載

Close Menu