仮想通貨ビットコインで出資を募っていたSENER(セナー)投資集団逮捕

  • 公開日:
  • 更新日:
ニュース

無登録でアメリカにある投資会社「SENER(セナー)」への出資を募り、現金を集めたとして、警視庁生活経済課は14日、金融商品取引法違反の疑いで、男8人を逮捕したと発表。

元本保証や高配当をうたい、違法に集めた出資金の総額は約83億相当で、その9割以上を仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)で集めていたとみられる。被害にあった人数は約6,000人とみられ、日本国内だけでなく海外に住む日本人も確認されている。

仮想通貨は、金融商品取引法の「有価証券」に該当せず、規制の対象外になっており、法の抜け穴を狙って出資を募っていたとみられ、今回立件対象となるのは現金のみに絞られる。

参照:sankei

1時間以内によく読まれた記事

Close Menu