米国証券取引委員会(SEC)がフィンテックの戦略的ハブとして情報公開と交流の場「FinHub」を公開

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
米国証券取引委員会(SEC):FinHUB

米国証券取引委員会(SEC)が18日、フィンテックの戦略的ハブとして情報公開と交流の場「FinHub」を公開、発表しました。
FinHubは、ブロックチェーン/分散型元帳技術(デジタル資産を含む)、自動投資アドバイス/ロボアドバイザー、デジタルマーケットプレイスファイナンス、人工知能/機械学習など、SECのTechnology (FinTECH)関連の問題と、規制・申請などSECの見解を知る情報源として役立つとしています。
また、FinHubでは、起業家、開発者、顧問がSECのスタッフと交流し、アイデアに対して意見を交換することを見込んでいます。

米国証券取引委員会(SEC):FINHUB(web)

米国証券取引委員会(SEC)がフィンテックの戦略的ハブとして情報公開の場「FinHUB」を公開

SECのプレスリリースでは、FinHubがどのように機能するかについて以下のように解説している。

・革新的なアイデアや技術開発について、業界および国民がSECスタッフと直接対話するためのポータルを提供する。
・FinHubのページで、フィンテックに関わるSECの活動や取り組みに関する情報を公表する。
・2019年に計画されている分散型帳票技術とデジタル資産に焦点を当てたFinTech Forumを含む出版物やイベントを通じて一般の人々と交流する。
・SECスタッフが代理店内で情報とFinTech関連の知識を入手し普及するためのプラットフォームと情報センターとして機能する。そして、
・金融システム、規制システム、監督システムにおける新興技術に関する国内外の規制当局との連絡役を務める。

【参考/記事ソース】
・米国証券取引委員会(SEC):FinHUB
https://www.sec.gov/finhub
・プレスリリース
https://www.sec.gov/news/press-release/2018-240

Close Menu