SBIバーチャル・カレンシーズがビットコインキャッシュ(BCH)の取扱い廃止を決定

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
SBIバーチャル・カレンシーズがビットコインキャッシュ(BCH)の取扱い廃止を決定

仮想通貨取引所VCTRADE(VCトレード)を運営するSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社(SBIVC)は4月16日、ビットコインキャッシュ(BCH)の取扱いを廃止することを決定し発表した。取扱い廃止期日は6月下旬ごろを予定に進められ、廃止に向けた具体的なスケジュールは4月下旬を目処にお知らせするとしている。

今回、BCHの取扱い廃止を決定した理由としてSBIVCは、2018年11月のBCHとBSVのハードフォーク以降、「(1)BCHの時価総額が大幅に減少したこと、(2)その結果、51%攻撃が実施され次に生成されるブロックの記録に不正な取引を配信する可能性が高まっており、ブロックチェーンの安全性に疑義が生じていると判断したこと、(3)さらなるハードフォークが行われ、価格が大きく下落する可能性を完全には否定できないこと」の3点を考慮したと説明している。

今後のBCHを所有する顧客ユーザーへの対応方針として、現在停止しているBCH取引を売却取引のみ再開、入庫は受け付けないとしつつ、

・BCHの売却による換金
・指定ハードウェアウォレット(CoolXWallet)へのBCHの出庫
・昨年11月のBCHハードフォーク時にBSVの付与分を持つユーザーへのBSVの相当対価の金銭による交付
・取扱い廃止日までにBCHを売却・出庫しなかったユーザーへの適正価格による売却での交付

以上のような方針で案内していくようだ。

ビットコインキャッシュ取扱い廃止に関するお知らせ

[参考:]
ビットコインキャッシュ取扱い廃止に関するお知らせ(pdf)

Close Menu