SBIホールディングスがマネータップ株式会社を設立|リップル社のもと少額送金を拡大

SBIホールディングスは少額送金を可能にするスマホアプリ「Money Tap(マネータップ)」を主にサービス展開する新会社、マネータップ株式会社を設立した。

Money Tap(マネータップ)は昨年10月よりサービス開始したスマートフォン向け送金アプリで、米リップル社のブロックチェーン技術「xCurrent」を活用した、個人間での少額送金を実現したサービスだ。個人間の少額送金では送金から着金までリアルタイムで処理され、24時間365日いつでも利用できる。また送金には他銀行宛ても含め振込手数料なしで送金可能だ。

プレスリリースでは急速に拡大するキャッシュレス化の流れを牽引すべく、新会社を設立し少額送金に関するサービスを拡大する計画だと発表している。また今後もリップル社からのバックアップを得て新技術の導入を促進していくとしている。

Money Tap公式ホームページより

 
プレスリリース:SBIホールディングス キャッシュレス推進に向け次世代金融インフラを提供する新会社設立に関するお知らせ

Close Menu