トロンがサムスンと提携|Galaxyに鍵保存する機能にビットコイン、イーサリアムに続きサポート

トロン(TRON)を率いるジャスティン・サン(Justin Sun)氏は大型の提携があると事前告知していたが、その提携企業がサムスンであることが正式発表された。この提携により今後のアプリケーション開発において、サムスン端末のKeystore機能に保存されたトロンを簡単に扱えるようになる。この発表を受けトロン(TRON)の価格上昇にもつながっている。

Samsung Blockchain Keystore機能とは

サムスンは仮想通貨の鍵情報を安全に取り扱うため「Samsung Blockchain Keystore」と呼ばれるプラットフォームを開発している。これは、サムスン端末において仮想通貨を取り扱う場合、秘密鍵情報をサムスンのクラウドシステム上などに保存せず、ローカル端末内部だけに安全に保存する仕組みで、Android OSからも参照できない構造になっている。

このKeystore機能ではこれまでビットコイン、ERCに準拠したトークンを含むイーサリアム、そしてすでに提携していたメッセアプリ大手カカオのKlaytn (KLAY)がサポートされていた。このプラットフォームに今回トロン(TRON)が追加されたことで、今後開発される様々なアプリケーションにてトロン(TRON)を扱うことが出来るため、トロン(TRON)ネットワークの普及に大きく影響することが予想されている。

この提携を伝えたジャスティン・サン氏は、サムスン端末用の開発者用キットのダウンロードをツイートしている。

参照:SAMSUNG Samsung Blockchain Keystore

Close Menu