マーシャル諸島共和国 独自の国家仮想通貨通貨SOV発行の為、開発基金設立を国連本部で発表

BFI-sov

6月4日、ニューヨークの国連本部でブロックチェーンの為のインパクトサミット「Blockchain For Impact」が開催されました。
Blockchain For Impactとは、国連とその専門機関がブロックチェーン技術を利用して各種問題解決をはかるべく開催しているサミットです。
今回このサミットでマーシャル諸島共和国(RMI)はかねてより進めていた、自国の信用貨幣発行を経ずに一足飛びで国家仮想通貨「Sovereign」(SOV)を法定通貨にするという世界初の計画の為、非営利団体「SOV Development Fund」設立を発表しました。

Blockchain For Impactでの発表様子(Blockchain For Impact公式ツィッターより)
Blockchain For Impactでの発表様子(Blockchain For Impact公式ツィッターより)

公開された事前収録のビデオスピーチ中、RMIのデビッド・ポール大統領補佐大臣はSOVについて

”政府の財政に負担にならないように、SOV通貨はそれ自身で開発資金を供給できるよう設計しています。”

と述べました。

Blockchain For Impactで公開されたデビッド・ポール大統領補佐大臣のビデオスピーチ(SOV公式Mediumより)

サミットでは、元国際決済銀行(BIS)の事務総長で現在SOVのチーフエコノミストを務めているPeter Dittus博士が基金について

“SOV Development Fundの使命は、SOVのエコシステムを作ること、国内外でSOVの利用促進を図る事、米ドルに対してSOVを売買することで通貨としてのボラリティを安定化させる事、これらを行う事によってSOVインフラストラクチャを長期にわたって維持することです。”

と、ビデオリンクを通じて説明しました。

Peter Dittus氏(SOV公式より)
Peter Dittus氏(SOV公式より)

また設立されるSOV Development Fundの運営は、RMI政府から完全に独立して運営される、とのこと。
基金の役員は7人の取締役で構成され、その内2人はマーシャル諸島共和国政府から指名されます。
更に2人、SOVブロックチェーンインフラストラクチャであるSOVChain開発を担当しているSFBテクノロジーズによって指名されます。
残り3人は先ほどの4人の取締役によってブロックチェーン、銀行、および金融政策の分野で国際的に認められた著名人の中から、全会一致で任命される予定との事です。

SOV Medium:The Marshall Islands announces the establishment of the SOV Development Fund
SOV Medium:The Marshall Islands announces the establishment of the SOV Development Fund

運営は、基金が慎重かつ安定的にその使命を全うするため、主要な決定は役員の多数決で決定されます。
なお運営方法についてはSOVが通貨として発行されて以降、ガバナンスモデルをブロックチェーンに基づくものへと移行させることも目的としており、そのための具体的な解決策を現在調査中との事です。
そして仮想通貨SOVの発行計画については、初期発行の30%が基金に供給され、10%が開発費を賄うためにSOVのローンチ前に投資家に販売されます。
さらにSOVを国内で循環させるために10%がRMIの住民にエアドロップの形で無料配布され、残りは銀行に保管される予定との事です。

なおこの基金について、SOVChainの開発者であるBarak Ben-Ezer氏は

”基金の目標はRMIに新たな「企業や取引所、銀行や新興企業」を引き付けるための特別な経済特区を産み出し、発展させることです”。
”経済特区が大きくなればなるほどSOVの価値も大きくなり、エコシステムを支える基金の資金も増えるように設計しました。”
”これはビットコインが通貨として真に機能するには供給量が少なすぎると考えているからです。”
”そしてSOVが発展していく事で、ビットコインやその他のものを通貨として扱うように米国の法律が変更されることを望んでいます。”

と、TheBlockの取材に対してコメントしています。

The Block:A government-backed cryptocurrency is gearing up to launch following fund creation and UN talks
The Block:A government-backed cryptocurrency is gearing up to launch following fund creation and UN talks

また今回の基金の計画として

“SOVトークンをオープンソース化し、ケイマン諸島やモナコのような国々がそれをフォークすることでそれぞれの国の事情に応じた独自のブロックチェーンを作ることができるようになる。”

とも述べていました。

Barak Ben-Ezer氏(SOV公式より)
Barak Ben-Ezer氏(SOV公式より)

なおSOVのリリースは来年初めとの事で、リリースが近づくにつれニュースも増えてくると予想されます。
太平洋の島国のこの大きな挑戦がどうなるか、注目です。

[参考]
・SOV Medium Jun 5,2019:The Marshall Islands announces the establishment of the SOV Development Fund
・Blockchain For Impact:https://blockchainforimpact.org/
・SOV公式サイト:SOV : Crypto that is real money
・The Block June 5,2019:A government-backed cryptocurrency is gearing up to launch following fund creation and UN talks

Close Menu