Ripple(リップル)、アイスランドの暗号取引会社Algrimを買収

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

Ripple(リップル)は、アイスランドの暗号取引会社Algrimを買収し、アイスランドで事業を開始したと発表した。

Algrimaは、過去2年で30以上の市場を統合した暗号取引プラットフォームを開発しており、その経験を、XRPを使用したクロスボーダー決済を行うOn-Demand Liquidity(ODL)製品開発に提供する。

元Algrim CEOのDadi Armannsson氏は、次のようにコメントしている。

Rippleチームに参加するという決断は自然なものでした。両社は、デジタル資産とブロックチェーンテクノロジーの広範な採用を可能にするというビジョンを共有しており、過去数年間、取り組んできたものが一致します。私たちはXRPとXRP Ledgerを強く信じており、Rippleでの未来の支払いの構築を支援したいと考えています。

また、リップルは、スピードとスケーラビリティに焦点を当てたターンキー決済ソリューションを開発しているスタートアップ、Logos Networkを買収したことを28日に発表した。

Logos Networkの買収にあたって、XRPを中核にした分散型金融(Defi)システムのイニシアチブを主導し、暗号を用いて支払と金融を変えるという様々なアイデアに共感したと語っている。

今回の両チームの買収は、リップルの市場での強い勢いと最高のエンジニアリング人材開発にあると述べている。

参考:ripple

関連ワード:Xpringリップル
Close Menu