ソニー、ブロックチェーン基盤を活用したデジタルコンテンツの権利情報処理システムを開発

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
ソニー

ソニーグループ(ソニー株式会社、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、株式会社ソニー・グローバルエデュケーション)は、ブロックチェーン技術を応用したデジタルコンテンツの権利処理を行うシステムを発表しました。
多様なデジタルコンテンツの権利情報処理に応用可能であり、幅広い分野での活用を検討していくとしています。

今回開発したシステムは、著作物に関わる権利情報処理に特化し、電子データの作成日時を証明する機能と、ブロックチェーンの特徴である改ざんが困難な形で事実情報を登録する機能、過去に登録済みの著作物を判別する機能を有し、電子データの生成日時と生成者を参加者間で共有・証明することが可能となります。電子データの生成と同時に本システムを呼び出すことにより、従来証明や登録が困難であった著作物に関わる権利発生の証明を自動的に実現することも可能です。

ソニーでは、今回発表したシステムを始めとし、ブロックチェーン技術開発や製品化を通じ、ソニーグループの持つ幅広いビジネス領域にいて、ブロックチェーン技術の適用可能性を模索していくとしています。

ソニー、ブロックチェーン基盤を活用したデジタルコンテンツの権利情報処理システムを開発

【原文ソース】
SONY ニュースリリース
ブロックチェーン基盤を活用したデジタルコンテンツの権利情報処理システムを開発

Close Menu