ソニーCSLが非接触型ICカードを利用した「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」の開発を発表

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
ソニーCSLが非接触型ICカードを利用した「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」の開発を発表

ソニーCSLは10月23日、ソニーが持つ非接触型ICカード技術を利用した「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」の開発をしたことを発表しました。開発された仮想通貨ハードウェアウォレット技術は、“ICカードハードウェア関連技術”と“相互認証・暗号通信技術”を含む特徴を持つとしています。

多額の仮想通貨を保持しているユーザーは、常時インターネットへ繋がった状態で集中運用される取引所へのハッキングリスクや、自身の仮想通貨の管理運用の利便性のため、ハードウェアウォレットを利用しているケースが多い。ハードウェアウォレットは、送金時のみPC接続をしインターネットに繋ぐことから、普段のハッキングリスクが低い特徴がある。

しかし、既存の端末はUSBメモリ程度の大きさに加え、接続部の耐久性の低さからの故障や、取り扱いでの破損や紛失・盗難に弱い傾向がある。

そういったUSBによりPCへ接続する既存のものと違い、持ち運びに便利な非接触型ICカードによるハードウェアウォレットの実用化が進めば、仮想通貨による店頭決済のユーザー利便性が飛躍的に改善される可能性がある。非接触型ICカードは高い暗号通信性と、破損しにくいカード内での高い耐ダンパー性もある。

ただ、取り扱いやすいカード型の場合、入力用のボタンを備えていないため、その点は外部に入力装置を求める必要がありそうだ。外での利用については店舗に普及した読み取り機器があるが、個人での利用については別途読み取り機器の導入も必要かもしれない。

ソニーCSLが非接触型ICカードを利用した「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」

ソニーCSL 仮想通貨ハードウォレット 暗号通信 図

【原文ソース】
Sony CSL(ソニーコンピュータサイエンス研究所) プレスリリース
【Press Release】ICカードを利用した「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を開発

Close Menu