仮想通貨時価総額ランキングはAKB48選抜総選挙である

新たな通貨が生まれては、勢いを失った通貨は淘汰されていく。仮想通貨の世界はまさに戦国時代の様相を呈しています。仮想通貨時価総額ランキングを見ても、その様子は明らかで、一年前にベスト10入りしていた通貨のうち4つはそのポジションを他の通貨に奪われています。

仮想通貨時価総額ランキング比較

時価総額とは、仮想通貨の規模や価値を示すもので、時価総額が大きいほど、その通貨は多くの人に注目されていることを意味します。

しかし、1位から4位に関しては3位と4位が入れ替わっているもののメンツに変化はありません。とりわけ1位ビットコインと2位イーサリアムに至っては2年半近く変わっていないのです。この2通貨は仮想通貨界のツートップと言えるでしょう。

この状況、何かに似ていますね。そう、AKB48選抜総選挙です。ただし、“最近の”ではなくAKB48の黄金期とも言える“初期の”選抜総選挙です。

ビットコインは前田敦子であり、イーサリアムは大島優子である。

まさに1位ビットコインは「前田敦子」であり、2位イーサリアムは「大島優子」なのです。

ツートップ

何を無理やりと思われるかもしれませんが、この両者は思いのほか共通点が多いのです。

【前田敦子とビットコイン】
前田敦子は、AKB48の第1期生でデビュー当初からAKBの顔として、不動のセンターとして活躍した絶対的エース。ビットコインも仮想通貨の言わば第1期生であり、仮想通貨=ビットコインと言えるほど過去から現在に至るまで不動のセンターとして仮想通貨界を牽引してきた絶対的エースです。

【大島優子とイーサリアム】
大島優子は、AKB48第2期生として加入後またたく間に人気となり、前田敦子とともにグループの2枚看板となりました。一方、イーサリアムも2015年に誕生後、またたく間に人気となり、ビットコインとともに仮想通貨界のツートップとなりました。

ツートップに迫り来る新たなシンデレラ

そしてAKB48を語る上で、ツートップの他に忘れてはならないメンバーがいます。

ご存知、「指原莉乃」。

第1回選抜総選挙27位から、第2回19位 → 第3回9位 → 第4回4位 → 第5回1位、と見事に階段を駆け上ったシンデレラガールです。あいにく仮想通貨界にはまだ、指原莉乃のようなシンデレラコインは現れていません。

今後もしこの指原莉乃のように着実に順位を上げ、ビットコインやイーサリアムを抜き去りトップにまで登り詰める仮想通貨が現れてくれば仮想通貨界は大いに盛り上がることでしょう。

仮想通貨はエンタテインメント

このように仮想通貨時価総額ランキングをAKB48選抜総選挙だと思えば、仮想通貨がより身近で親しみやすいものになるのではないでしょうか。

AKB48の推しメンに投票するように、自分が応援したいコインを購入してみるも良し。トップにまで駆け上がった指原莉乃のようにステップアップするシンデレラコインを見極めるも良し。仮想通貨時価総額ランキングにはAKB48選抜総選挙に似た多様な楽しみ方があるのです。

< 仮想通貨時価総額ランキングの新しい楽しみ方 >
1. 推しメンを見つける(=推しコインを見つける)
2. 指原莉乃を見つける(=シンデレラコインを見つける)

1年後の仮想通貨時価総額ランキングを動かすのは、これから投票するあなたの清き一票かもしれません。

Close Menu