楽天ウォレット、「楽天スーパーポイント」の暗号資産への交換サービスを開始

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
楽天ウォレット、「楽天スーパーポイント」の暗号資産への交換サービスを開始

楽天ウォレットは12月24日(火)より、楽天ウォレットのアプリを通じ楽天グループのポイントプログラム「楽天スーパーポイント(楽天ポイント)」を暗号資産へ交換できるサービスを開始しました。

楽天ウォレットは、楽天グループの連結子会社で、暗号資産の現物取引サービスを運営する暗号資産(仮想通貨)交換業者です。

 本サービスを開始することで、暗号資産取引への機会と、楽天ポイント活用の幅を広げ、楽天会員の利便性向上を図ることを目指すとのこと。

交換できる暗号資産は楽天ウォレットにて取り扱いのある「ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)」の3つで、交換するには楽天ウォレットに口座を持っている必要があります。

また、交換が可能なのは「通常ポイントのみ100ポイント以上からで、提携サービス会社から交換された通常ポイントは対象外、キャンペーン特典で加算されたポイントも対象外」となるとのこと。暗号資産から、楽天ポイントへの交換はできません。

■ 利用イメージ:「楽天ポイント」は100ポイント以上から交換可能です。

【利用方法】
1:「楽天ウォレット」のアプリにログインした後、「ポイント交換」を選ぶ
2:「交換対象通貨を選択」し、「交換数量を入力」します
3:交換内容を確認します
4:確認ののち1ポイント1円相当として暗号資産への交換を実行
  ⇒完了後、スマートフォンアプリ上に取引履歴が反映されます

■ サービス概要(プレスリリースより)
・新サービス: 「楽天ウォレット」のスマートフォンアプリを通じて、楽天グループのポイントプログラム「楽天ポイント」を暗号資産へ交換することができます。100ポイント以上から1ポイント単位で暗号資産へ交換が可能です。
・ サービス提供開始日: 2019年12月24日(火)
・ 交換可能暗号資産:「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」
・ 手数料: なし
・ 通常ポイントのみ交換可能(期間限定ポイントは交換不可)
・ 条件: 会員ランクに応じて1回あたりと1カ月あたりの交換上限が定められています。ダイヤモンド会員は1回あたり50,000ポイント、1カ月あたり500,000ポイントが交換上限、ダイヤモンド会員以外の楽天会員は、1回あたり30,000ポイント、1カ月あたり100,000ポイントが交換上限となります。
※ 暗号資産からポイントへの交換はできません。

[参考:]
楽天スーパーポイントから暗号資産(仮想通貨)への交換が可能になりました。 | 楽天ウォレット

Close Menu