楽天ウォレットが仮想通貨取引の新規口座開設の申込受付を開始

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
楽天ウォレットが仮想通貨取引の新規口座開設の申込受付を開始

楽天ウォレット株式会社は4月15日、6月開始予定の仮想通貨交換所の新規口座開設の申込受付を開始した。口座開設には、「楽天会員ユーザID」と「楽天銀行口座」の2つが必要になる。楽天ウォレットでの入出金は楽天銀行からのみの取扱いになる。

同グループの楽天銀行からの入出金に限定することで、本人確認手続きをスムーズ化し、アンチマネーロンダリング(AML)などへの対策をグループ力で強化、同グループとの外部サービス連携も強化し囲い込みを狙う。

楽天ウォレットが開始当初に取り扱うのは「BTC/JPY, ETH/JPY, BCH/JPY」の円建てで3種、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)との取引になる。

いつでも、24時間どこからでも口座操作ができるようスマホアプリの提供を予定。さらに24時間サポートするため、AI技術を使用した自動応答式のチャットサービスを導入、ブラウザ右下からユーザーの問い合わせにいつでも対応できるようにする。

24時間 AIチャット

セキュリティ対策として、分別管理を徹底するほか、預かった資産を原則コールドストレージと呼ばれるオフライン環境下で管理される。

[参考:]
楽天ウォレット
新サービスの口座申込の受付開始および新サイトの公開に関するお知らせ(プレスリリース)

Close Menu