楽天ウォレットが遂にアプリをリリース|暗号資産(仮想通貨)現物取引サービス開始

rakuten-wallet-app

楽天グループの「楽天ウォレット」は本日(19日)、スマートフォンアプリ(Android版先行、iOSアプリは9月上旬予定)「楽天ウォレット」の提供、そして同アプリにて暗号資産(仮想通貨)の購入・売却が可能となる現物取引サービス開始の発表を行った。

楽天ウォレット:現物取引サービス提供開始のお知らせ
楽天ウォレット:現物取引サービス提供開始のお知らせ

発表によると、対象となる暗号資産(仮想通貨)は「ビットコイン(BTC)」と「イーサリアム(ETH)」、そして「ビットコインキャッシュ(BCH)」の3つと日本円のペアが本日より取扱可能となっている。

楽天ウォレット:暗号資産現物取引サービス概要
楽天ウォレット:暗号資産現物取引サービス概要

本日リリースされたアプリによって、手持ちの(Android)スマートフォンから場所を選ばずに24時間365日いつでも暗号資産の取引や、預託資産の確認、リアルタイムチャートでのレート確認などの暗号資産運用において便利な機能が使えるとしている。

GooglePlay:楽天ウォレット
GooglePlay:楽天ウォレット

なお、発表ではセキュリティ強化の取り組みについても触れられている。セキュリティ対応としては楽天グループとしての強みを活用すべく、グループで資産の分割管理を行う。

楽天ウォレット:お客さま資産保全への取り組み
楽天ウォレット:お客さま資産保全への取り組み

預託された金銭は、楽天ウォレットの自己資産とは分離して楽天信託の信託口座で管理し、その信託財産を楽天銀行の銀行預金口座にて区分管理を行う。またすべての暗号資産をインターネットとは隔離したオフラインの環境下で管理する「コールドウォレット」で保管し、ログイン時や出金時、出庫時の二段階認証を導入しており、複数のセキュリティ対策を実施している。

楽天ウォレットでは今後も仮想通貨交換業者として、セキュリティの強化および充実したサービスの提供を今後も進めていく方針である。

楽天ウォレット
楽天ウォレット

[参考]
・楽天ウォレット お知らせ 2019 08.19:現物取引サービス提供開始のお知らせ
・楽天ウォレット:お客さま資産保全への取り組み
・楽天ウォレット:https://www.rakuten-wallet.co.jp/

Close Menu