楽天グループが傘下の仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」へ増資、7億3000万円に

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
楽天グループが傘下の仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」へ増資、7億3000万円に

1月7日、楽天グループ傘下の仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」へ、楽天カード株式会社より追加出資を受け、資本金7億3,000万円に増資されたことが発表されました。

みんなのビットコインは、金融庁への認可登録申請中の特例措置対象の「みなし業者」です。
2018年8月に楽天グループの子会社である楽天カード株式会社を通じ、みんなのビットコインの全株式を2億6500万円で取得するかたちで楽天グループ傘下に収められています。

10月には買収時の1億3000万円から3億5千万円の増資を行い、「経営基盤や組織・態勢の安定、システム開発、セキュリティ増強、マーケティング戦略等」の総合的な強化を図っています。

今回の増資は「財務基盤の強化により、事業の拡大やサービスの安全性と利便性の向上」を理由として挙げており、金融庁の認可する仮想通貨取引所に利用者保護のための財務基盤、資産保全能力を求める姿勢が強まっており、それに対処する狙いも窺えます。

楽天は、買収以降積極的な増資を進めており、今回の増資と合わせて6億円もの増資をわずか数カ月で行ったことになります。

先日1月4には、認定団体である日本仮想通貨交換業協会への第二種会員として登録を済ませ、また昨年末にコインチェックの認可登録内定のうわさが流れたことにより、他のみなし業者についても登録が進む期待が強まっています。

【記事ソース】
資本増強のお知らせ

Close Menu