楽天グループ傘下の仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」が4月新サービス開始に伴い、現行サービスを3月31日に終了へ

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
楽天グループ:みんなのビットコイン

1月11日、楽天グループ傘下、みんなのビットコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」が、現取引サービスを2019年3月31日(日)に終了する予定であることを発表した。併せて2019年4月より新サービスの開始予定を発表し、新サービスの詳細は改めて公式ホームページ上にて案内するとしている。

みんなのビットコインは現在、金融庁へ仮想通貨交換業登録審査中のみなし業者で、1月4日には認定団体となった日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)へ第二種会員として入会している。さらに7日には、楽天カード株式会社を通じて7億3,000万への増資も行われている。12日には業務の拡大に伴い、二子玉川の楽天本社住所への本社移転をしたことを発表した。

これらの動きは、同11日にコインチェック株式会社が、金融庁の仮想通貨交換業の登録認可が正式に公表されており、今後金融庁の審査が進むことが確実視されている背景を受け、楽天グループ傘下となった「みんなのビットコイン」の水面下での交換業登録認可と事業拡大への動きと考えられる。

楽天グループ傘下の仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」が4月新サービス開始に伴い、現行サービスを3月31日に終了へ

Close Menu