【Quoine(コイン)】が本日19時に全てのAPIトークンを無効にすると発表

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI
仮想通貨取引所Liquid by Quoine

Quoine(コイン)によると、今週初めに海外で発生した疑わしい取引行為について調査をした結果、セキュリティポリシー上の念のための措置として、2018年11月1日(木)19時(日本時間)にすべてのAPIトークンを無効にすると発表した。
Liquid APIの使用を継続する場合は、APIトークンの再作成が必要となる。

また、セキュリティ対策として、法定通貨及び仮想通貨の出金は全て停止、出金依頼も全てキャンセルされる。キャンセルされた出金は再申請が必要となり、再開に関しては、Twitterやテレグラムなどで発表する。

海外で発生した疑わしい取引行為については、ユーザーのAPIキーを保管していた外部サービスの脆弱性によるもので、影響を受けたユーザーに直接連絡を取り対応しており、今回、疑わしい取引を早期に発見できたのは、AML対策を強化してきたためとしている。

参考:Quoine(お知らせ)

出金再開のお知らせ

Close Menu