甲子園球場でPayPay(ペイペイ)が利用可能に、2020年のオープン戦「売り子」より順次拡大

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P

阪神甲子園球場(甲子園球場)において、2020年3月4日(水)のオープン戦(対広島東洋カープ戦)から「PayPay(ペイペイ)」が導入される。甲子園球場においてスマホ決済(QRコード決済)が導入されるのはペイペイが初となる。

ペイペイによる決済は、客席スタンド内での販売員である「売り子」からスタートする。売り子へのQRコード決済の導入により、売り子と観戦客の間での現金の準備とお釣りのやり取りによる精算を省略、双方の時間が短縮できるなどの利便性が見込まれるという。

今後、甲子園球場内での飲食・グッズ販売する他の店舗でも、「PayPay(ペイペイ)」によるコード決済サービスの取り扱いを順次拡大する予定となっている。

[参考:プレスリリース]
2020年のオープン戦から阪神甲子園球場で「PayPay」が利用可能に – プレスリリース

Close Menu